DREA夢

ぷー太の誕生日会


ぷー太が4歳になりました。

e0062639_09453246.jpg



誕生日は7月2日ですが、私の帰りを待っていてくれました。

e0062639_09383176.jpg
e0062639_09470192.gif

e0062639_09484321.gif



テーブルの上で行儀が悪いですが
今日は許してあげましょう!

e0062639_09385349.jpg

e0062639_09474412.gif



ペロが狙っています。

e0062639_09394827.jpg



やらないよ! ワン!

e0062639_09402386.jpg



先にペロが食べました。

e0062639_09405500.jpg



e0062639_09472900.gif























[PR]

# by fudeoka | 2017-07-18 09:36 | Trackback | Comments(0)

近況報告2



帰って来ました。

e0062639_22004953.jpg


e0062639_18095135.gif


詳細はホームページに載せています。

このブログ長いので、音楽でも聴きながらどうぞ!!

下記

e0062639_16395576.gif
をクリックしてください。




6月22日 シアトルを出発し
バンクーバー~ウイスラ~ジャスパー~バンフ~
カルガリ~五大湖~トロント~ナイアガラ~シカゴ
を走り
7月15日西宮に戻りました。


e0062639_12010250.jpg


前半の詳細
e0062639_13542946.jpg


e0062639_16541639.gif



詳細はまた、帰ってから報告します。

e0062639_15120026.jpg


e0062639_16064805.jpg



23日  ウイスラーにいます。


e0062639_16084415.jpg

e0062639_16115377.jpg
e0062639_17332764.jpg


24日

e0062639_14354095.jpg



25日

ホワイトホーン山 キニー湖
トレッキング

e0062639_14461416.jpg



カナディアン・ロッキー最高峰 Mt・ロブソン(3954m)

e0062639_14470291.jpg


26日

ジャスパーに移動  時差が1時間あります。

e0062639_13031478.jpg



マリーン渓谷

e0062639_13050007.jpg

e0062639_13063023.jpg

e0062639_13071206.jpg



マリーン湖

e0062639_13074868.jpg


サンワブタ川
ラフティングにチャレンジ
雪どけ水で冷たい。
e0062639_12585586.jpg



e0062639_12594125.jpg


e0062639_13002142.jpg



今日の動物達

親子クマ

e0062639_13521101.jpg




e0062639_13584473.jpg


トナカイ?
e0062639_13580140.jpg

28日

今日も名車フオードで走ります

e0062639_15222095.jpg

緑に囲まれたこのような道を延々と走ります

e0062639_15233556.jpg



たくさんの湖を見たのでこの湖の名前を忘れました。
とにかく全てが感動です。

e0062639_15212803.jpg



コロンビア大氷原

e0062639_15142067.jpg


上の氷河まで、これで行きます。

e0062639_15060467.jpg



風がきつく、めちゃくちゃ寒いです。

e0062639_15053317.jpg



スカイウオーク

よくもまーこんな所に、こんなものを造ったものだ!
高所恐怖症の僕には大変だ!!


e0062639_15110920.jpg




ガラス張りです、下が丸見え、怖いです!


e0062639_15114516.jpg




ついにやって来ました、レイク・ルイーズ

e0062639_15210119.jpg



モーレン湖

e0062639_15394195.jpg



僕はこっちの方が好きだな~

e0062639_15195677.jpg



今日は熊が間近まで来ました。
食べられるかも知れない、
クマった、くまった!!

e0062639_15202706.jpg


28日

ブログにカナダに露天風呂があるとの事で探しまわる
ダートの山道を走り、川底に露天風呂を見つける。
ここは川の水がまじり冷たいです。
上段には40度以上の熱いお湯があります。

e0062639_12340303.jpg



まずは身体の洗濯

e0062639_12243524.jpg



つぎに心の洗濯?

e0062639_13232004.jpg



その次に衣類の洗濯

e0062639_13261766.jpg


次に胃袋の洗濯????

e0062639_13372510.jpg


なんのこっちゃ??
e0062639_13285880.gif



まだ、時差ボケか??




場所はこの辺です。

e0062639_13520773.jpg




29日

一生に一度はおとづれたい観光地 レイク・ルイーズ
もう3回目だ、なんと贅沢な!!

e0062639_13204591.gif



  今日はビクトリア氷河までトレッキング
向こうの氷河まで歩きます。


e0062639_12444115.jpg



こんな所を歩いて行きます。

e0062639_11564076.jpg



山の上から見るレイク・ルイーズ

e0062639_11575543.jpg


3時間歩いて来ました。
見上げる岩壁です。

e0062639_11571831.jpg


行き止まり、ビクトリア滝

e0062639_11574093.jpg



レイク・ルイーズの行き止まり!!

e0062639_11581616.jpg




最高の景色です。

e0062639_11571831.jpg



途中道を間違え往復6時間・・疲れた!!

e0062639_13335853.jpg



30日

今日はレイク・アグネスのトレッキングの予定だったが、ウマいことに
乗馬があったのでウマで行くことにする。

足は痛くないが、ふところが痛い?

e0062639_12561919.jpg

楽チン・楽チン

e0062639_12571827.jpg



レイクアグネス
綺麗な湖

e0062639_13041718.jpg



ウマのお尻? を見ながらついていくだけです。

e0062639_13044897.jpg



LAKE LOUISE TRAIL RIDESの美女に囲まれて
ウマいことやっています?

e0062639_12580848.jpg


名馬の名前はロッキー 
ありがとう

e0062639_13075492.gif

e0062639_13034803.jpg


動画は後日載せます



次にカナディアンロッキー
ヨッホー国立公園人気NO6 タカカウ滝

400mの落差
まさにジェット機の爆音みたいだ

e0062639_13055602.jpg


すご近くにある、
次にカナディアンロッキー
ヨッホー国立公園人気NO9 エメラルド湖

エメラルド・グリーンの湖水
のどかな雰囲気の湖



e0062639_13062280.jpg


e0062639_13063955.jpg



7月1日

カナダが150年 建国記念日です。
土曜日の今日はあちらこちらでお祭り騒ぎです。
宿泊先のカルガリーは大変な状況です。
人ごみの嫌いな僕は早々退散、おとなしくしていました。


e0062639_11080141.jpg



ボウ湖はマリリンモンローの映画
「帰らざる河」のロケ地です。
年配の方は懐かしいでしょう。
画像もどうぞ

下記 

e0062639_16395576.gif
をクリックしてください





e0062639_11072823.jpg


e0062639_11091565.jpg


2日

どうもやり残した、モレイン湖のトレッキングが気になり
再度カルガリーからレイク・ルイーズに戻る
2日は日曜日、駐車場は無くなるので早朝5時30分カルガリーを出発
8時30分にはモレイン湖に到着、すでに多くの人がいたがなんとか駐車出来た。
今日は最高の天気


e0062639_14495653.jpg


今日は念願のモーレン・レイクのトレッキングです。
このために晴れ間をねらい
早朝5時に出てカルガリーから戻ってきました。

このモーレン・レイクの裏側をトレッキングします。
あまり知られていない秘密の場所です。


e0062639_14501609.jpg




まずは、モレンレイクの展望台から
早朝しかこの写真は撮れません。

e0062639_14504358.jpg



樹林帯を抜けると突然このような場面が洗われます。


e0062639_11395499.jpg


e0062639_11390493.jpg




落石が激しい

e0062639_14514663.jpg

マウンテン・クワドラ  (3173m)
 バイデント・マウンテン(3084m)

e0062639_14521524.jpg



まさに夢の世界です。
ここでバドワイザーを飲みます!!

e0062639_14524221.jpg

e0062639_14530552.jpg



こんなのもいました。

e0062639_14533555.jpg

e0062639_14383894.gif


邪魔しないように。
チョットだけよ!!

e0062639_13393690.jpg






何度でも見たいです、この景色
今日はこの裏側に行ってきました。

e0062639_14540548.jpg


e0062639_11402453.jpg


3日

いよいよ東に向かって走ります。

一日中このような道を走ります
どこまでも、まっすぐです。
いったいカナダと言う国はなんなのだ??

アメリカとはまた違う!

e0062639_08120416.jpg


見えるのは
これと

e0062639_08131671.jpg


一面のこれ

e0062639_08135874.jpg


生き物はコレ!  人はいない。


e0062639_11510477.jpg



先頭が見えない、列車
踏み切りなら30分待ち?

e0062639_08162544.jpg


明日も、明後日もこんな状態らしい・・・・


4日

レジャイナを過ぎウイニペグに入るとまた時差があります。
なんか、1時間損した気分です。

e0062639_11402848.jpg



今日も昨日と同じ、右を見ても、左を見ても同じ
ただひたすら130キロで走る。


今日の宿はウイニベグにした。
なぜなら、ウイニーペグ出身の人気者、「くまのプーさん」がいるから。

e0062639_11464065.gif



ウイニペグ駐在のイギリス軍人がカナダからイギリスへ連れていった
子グマがモデルになっている。

e0062639_08145611.jpg



ウイニペグは東はフランス系、西はイギリス系のふたつの文化が混じり合い
独特の町並みを形成している。
綺麗な町並みです。


e0062639_11411739.jpg



我が家の「いぬのプーさん」です。

e0062639_12265190.jpg

e0062639_11485227.jpg

e0062639_12113732.gif



建国150周年のモニュメントです。
たしか、2年前スイスでマッタホルンにウインパーが発登頂したのも
150周年記念だったな~

e0062639_11414580.jpg






5日


今日の景色はいっぺん牧場では無く、森林樹林帯を延々とはしります。
あちらこちらに湖が・・・

e0062639_11523961.jpg

e0062639_11532203.jpg



サンダーベイまで700キロ
インデアンもカーボーイもいません
ただひたすらまっすぐの道を走ります。

僕の性格そのものです・・・・?

e0062639_12024486.gif



アメリカも近いです

e0062639_12013862.jpg




相棒も頑張ってくれています。

e0062639_12031894.jpg


サンダーベイは五大湖の入口
さっそく、ヨットが見えました。

e0062639_12074630.gif



明日は湖の周りを延々と走ります。





6日

e0062639_09232123.jpg


昨日と同じように森林に囲まれた山道、小さな湖から、今度は
大きな湖?に出ました。
五大湖の一つ、スペリオル湖
昨日泊まった、サンダーベイからスーセント・メリーまで
12時間、740キロ走りました。
途中工事中、また片側通行等々
時間がかかりました。

この緑が走ったルートです。

e0062639_09533730.jpg



少し、お勉強(HPより)

スペリオル湖は、五大湖のうち、最大の面積を持つ。
また、淡水湖としては世界最大の面積を持つ湖である


五大湖は、アメリカ合衆国及びカナダの国境付近に連なる5つのの総称。
そのうち4つの湖上を両国の国境線が通る。水系は接続しており、
上流から順にスペリオル湖ミシガン湖ヒューロン湖エリー湖オンタリオ湖の5つの湖からなる。


走っても、走っても、同じような景色、疲れた!疲れた!
明日は、どんなだろうか??

e0062639_10075743.gif



7日


サンダーベイ ~ スー・セント・メリー  780キロ

e0062639_09002557.jpg


樹林帯・牧場・湖・を時速70マイルで順調に走る。
今日は早めに4時にはホテルと思いきや・・・
カーナビにホテルの入力を間違い、トロント市内のホテルへ。
渋滞??でも5車線を時速120キロ以上ので飛ばしているハイウエーを、
交差のたびに、右に行ったり左に行ったり、クラクションの荒しの中を走り続けた。
また、トロントのダウンタウンに迷い込み、恐る恐るの運転
ニューヨークで運転出来ればどこでも大丈夫と思っていたが・・・
もう汗びっしょり!!

e0062639_07423889.gif



目的地プラントンに着いたのがPM8時30分
今日は12時間30分走りました。




8日

土曜日、先週の土曜日はレイク・ルイーズ
ものすごい人出だった。
今日も渋滞が予測されるので6時出発
9時には現地に一番乗り。
さすが、ナイアガラ・フォールズ
言うまでもなく、感動・感動です。



ナイアガラと言えば・・マリリンモンローです。


下記
e0062639_16395576.gif
をクリックしてください



e0062639_11275979.jpg


ジャニービハインド・ザ・フォールズから
びっしゃんこになります。

e0062639_11282843.jpg



これに乗ります

e0062639_11285857.jpg



これにも乗ります

e0062639_11295182.jpg


カナダ滝

e0062639_11303310.jpg



アメリカ滝

e0062639_11332301.jpg

e0062639_11340799.jpg

e0062639_11345482.jpg



ものすごい音です。

e0062639_11352990.jpg



飛びます

e0062639_11492739.gif

e0062639_11360583.jpg



e0062639_11372026.jpg



ぜんぜん違った景色です。

e0062639_11374913.jpg



動画は後日載せます

明日はアメリカに移動します。

e0062639_11501317.gif




9日

レインボウー橋を渡りアメリカに渡ります。
もちろんカスタムも免税店もあります。

e0062639_07330565.jpg




e0062639_07334384.jpg



風の洞窟

さすがアメリカスケールがでかい
全身びっしょり

e0062639_07315004.jpg



アメリカ滝

e0062639_07320957.jpg



虹が出ました。

e0062639_07323903.jpg


展望タワーより、カナダ滝・アメリカ滝を望む

e0062639_07375394.jpg



余裕と満足の一日

e0062639_08502965.jpg

e0062639_07340729.jpg


赤いは撮影ポイント
は国境

e0062639_08063647.jpg




10日

国境を超え、再びカナダに戻って来ました。


e0062639_08054293.jpg
e0062639_08244482.jpg



6月22日、アメリカ シアトルから天候に恵まれ
すべて予定通り進んできました。
予備日1日は再度カナダ側からナイアガラを見たいと思い
戻ってきました。
今日はのんびり、のんびり自然を楽しみました。

まずは、河川難易度クラス6の世界有数の激流
WHITE WATER WALK を歩きました

レインボー橋から始まります。

e0062639_08101654.jpg



エレベーターでナイアガラの川岸まで下ります。
ものすごい轟音です。

e0062639_08112750.jpg


e0062639_08123800.jpg



少しはカヌー競技をしていた者として
この落ち込み一つ一つ眺めていていても
いつまでも飽きない

コロラド川より激しいのです!!

若い時この流れを見ていたら
たぶんカヌー競技はしていなかったでしょう!

e0062639_08211243.jpg



花時計

e0062639_08283225.jpg



ポタニカル・ガーデンズ

得意のポーズ

e0062639_08093173.jpg



特に意味はありません

e0062639_08295825.jpg



メープルの木の下で

e0062639_08323868.jpg



ワイナリーにも行きましたが・・・
車なので飲めません!!
ふてくされた態度!

e0062639_08561103.jpg



のんびりカントリーを聴きながら時間待ち

e0062639_05562027.jpg


これです!!!!
ナイアガラのイルミネーション

9時PMから始まります。

これを見るには、ナイアガラ近辺にHOTELを取らなくてはならない。
しかし、このハイ・シーズンどこも満室
また料金もべらぼうに高い

しかし、そこはテクニック
なんとテーブルロックから500m以内のHOTELを獲得

念願の夜のナイアガラを満喫する。

e0062639_07591545.jpg


e0062639_08000948.jpg


e0062639_08014508.jpg

e0062639_08022632.jpg

また、金・日曜日しか行わないと聞いていた花火
突然ナイアガラに響き渡る

e0062639_08031268.jpg


e0062639_08040583.jpg

何度見ても飽きないナイアガラ
すばらしい

「上善水の如し!!」

e0062639_08050963.jpg


ナイアガラ観光4日間
自慢ではないですが、ナイアガラの全てを観光した感じです。
なんでも聞いてください。


11日

再びアメリカに向けて走ります。
アメリカからカナダ入国には75セント必要ですが
カナダからアメリカはいりません。

e0062639_08301511.jpg



12日

ただひたすら、シカゴに向けて走ります。
さすが、大都会シカゴ!
とにかくトラックが多い
5車線・130キロ以上でとばして行きます。
両側にはそまれたら、風圧でコントロールが効かなくなります。

3重にも重なったハイウエーでは右に行ったり左に行ったり
あー、しんど!
コンボーイにクラクション鳴らされっぱなしです。

e0062639_18254250.gif
コンボーイの映画を思い出します。


また、今までの晴天が嘘のよう、3週間分まとめて?大雨
なんも見えね~

もはや、カナダのあの景色はありません。
ただただ、走るだけです。

e0062639_12194981.jpg


e0062639_12195384.jpg



13日

シカゴのハーツに車を返しました。
無事故・無違反です。
無事カナダ大陸走行を終えました。

e0062639_18035436.jpg



シアトル~バンクーバー~ウイスラー~ジャスパー~バンフ~
カルガリー~五大湖~トロント~ナイアガラ~シカゴ

e0062639_18025844.jpg



走行距離 8899キロメートル

若い時見た、アドベンチャー・ファミリーの映画に憧れ
自分もあのような自然に触れてみたいと夢見ており

e0062639_18015830.jpg



今回この大自然の中を走り続け、
少しでも夢が叶えられたと満足しております。

15日 無事日本に戻りました。





ご参考まで

昨年アメリカ大陸R66走行は

8436キロメートル

ロスアンゼルス~ヨセミテ~ディスバレー~ラスベガス~グランドキャニオン
~アンテロープ~モニュメントバレー~ナッシュビル~ワシントン~ニューヨーク

e0062639_18120252.jpg
e0062639_07570492.gif



ホームページ

e0062639_16372233.gif

e0062639_07593116.gif


シアトル~ジャスパーのホームページ

e0062639_07593116.gif

ジャスパー~カルガリーのホームページ
e0062639_07593116.gif


カルガリー~ナイアガラのホームページ





         













[PR]

# by fudeoka | 2017-06-24 16:03 | Trackback | Comments(0)

近況報告



桜名所100選の地夙川は
ホタルも飛び交う、紫陽花の名所でもあります。

西宮もそろそろ梅雨入りか・・・?

e0062639_18220633.gif

e0062639_18225436.gif

e0062639_18165177.jpg

e0062639_21540232.gif

e0062639_18171479.jpg

e0062639_18211865.gif


そろそろ逃亡しようかな??

e0062639_17333625.gif

行ってらっしゃい・・・ワン!

e0062639_18200528.gif



















[PR]

# by fudeoka | 2017-06-17 21:24 | Trackback | Comments(0)

台琉レース


このブログは少し長いので
映像の真ん中のを押して歌でも聴きながら見てください。




5月14日
各艇ゼッケンを付けていよいよレーススタート

e0062639_11372400.jpg
e0062639_12082156.jpg


e0062639_12084414.jpg


14日の第一レースは基隆島一周
前を行くのは二本マストのココリン

e0062639_11341395.jpg

e0062639_11343021.jpg
e0062639_11344887.jpg

e0062639_11350710.jpg

ドロンによる空撮

e0062639_12090776.jpg

e0062639_12092213.jpg
e0062639_12093592.jpg




基隆島

e0062639_15541221.jpg


e0062639_21101129.gif





第一レースの表彰式

e0062639_11332917.jpg
食べ物は十分にあります

e0062639_11335764.jpg

e0062639_11330665.jpg
第一レースクラスⅡ 
なんと第3位


e0062639_16021621.gif
e0062639_16060118.gif



ユニフオームも無い、老人二人のメンバー・・・・・

e0062639_11352497.jpg
優勝艇は石垣でお世話になったFチーム
ユニフォームも揃え日頃の練習の成果

e0062639_17132999.jpg

3位のトロフィー


e0062639_21110604.gif

e0062639_17055292.jpg
最高に美味い酒だ!!



e0062639_16021621.gif
e0062639_17061001.jpg

15日は石垣までのロングレース
全艇そろって出港

e0062639_17233995.jpg


e0062639_17252739.jpg

e0062639_16085464.gif


石垣はそろそろ梅雨入りか
梅雨前線が停滞。
雨風強し!!

e0062639_15054318.jpg

e0062639_15044636.jpg
黒潮も激しい!


e0062639_21114938.gif


e0062639_15210869.jpg
潮と横波でローリングが激しい
疲れる!

潮目でのローリングは激しい!!



e0062639_15255495.jpg

e0062639_17294859.jpg

眠気と横揺れでふらふらです。




e0062639_21123524.gif
e0062639_17262765.jpg
風が強いので渡り鳥?つばめ?が休憩?
僕の座布団を占領された。

e0062639_17275007.jpg

e0062639_21143206.gif

慣れたのか、今度はキャビンの中へ

e0062639_17284482.jpg


だんだん波が高くなってきた

e0062639_17301667.jpg




雨も激しくなってきた



e0062639_17304761.jpg


e0062639_15221486.jpg

e0062639_15110835.gif

真っ暗でなんにも見えね~

e0062639_15213070.jpg



16日  140マイル完走
石垣島岸壁に舫う


e0062639_17311495.jpg


e0062639_14574784.jpg


e0062639_14585515.jpg


18日 第三レース  ポイントレース

ニライカナイ艇提供

e0062639_20390563.jpg


表彰式


e0062639_15592235.jpg


e0062639_14592442.jpg


e0062639_15000293.jpg

第二レース1位 AOBA(鹿児島県)
e0062639_15002778.jpg

DREA夢はなんと、なんと第三レース1位
総合成績2位になる!!



e0062639_16001393.gif


e0062639_20395781.jpg

e0062639_10133816.jpg
e0062639_21174148.gif



e0062639_20402641.jpg


e0062639_10143409.jpg
古希を間近の二人で望んだレース
すばらしい出来前との賞賛を浴びる。

e0062639_15010577.jpg

3次会・ヨットマンが集まるタニファーにて

e0062639_15013493.jpg

e0062639_16005394.gif


e0062639_15020720.jpg
綺麗なクリスタルのトロフィー
さっそくDREA夢に飾りました



e0062639_16021621.gif

e0062639_15023325.jpg

地元新聞には大きく掲載され
一躍、有名人になりました・

e0062639_16300920.jpg


e0062639_16304134.jpg

自分にご褒美
石垣肉ではありません。
テキサス肉です。
僕にはこっちの方が美味い!!



e0062639_16360724.gif
e0062639_16333614.jpg

最終成績表
総合2位
e0062639_10250182.jpg
ご褒美その2

DREA夢はトロフィーより、飯の方がいいだろうと言うことで
八重山ヨット倶楽部のF会長に生の猪の肉が食べられるち言うことで
石垣島の隠れ座敷へ連れていっていただきました。

e0062639_09581862.jpg


e0062639_09590573.jpg

e0062639_09584237.jpg
あと、ピザもチーズが大変美味しい
失礼だが、こんな所にこんなお店があるとは・・・
ご馳走さまでした。

e0062639_10313484.gif
石垣島で咲いていた鳳凰木

e0062639_10170691.jpg
石垣島での生活も長くなりました。
e0062639_12165421.jpg
海上保安庁も忙しく動いています。
e0062639_12172775.jpg
夜光貝磨けばここまで綺麗になります。
e0062639_13515943.jpg
ジョッキ生 100円
つまみ 290円 量も多いし美味い
このような企業努力?は好きだな~
e0062639_13522047.jpg




5月22日 夕方6時出港石垣港を出港し、宜野湾に戻ります。

e0062639_10150729.jpg


御神崎灯台

e0062639_21200475.gif
e0062639_13554401.jpg
日出か夕日か忘れました!

e0062639_13561686.jpg
こんなすがすがしい天気もあります。

e0062639_13565376.jpg

e0062639_21203564.gif

e0062639_13572630.jpg
操縦席です。
レーダー・オートパイロット
水深計・速度計・GPS・プロッター
すべて電子機器です。
人間の頭はあまりいりません。
電気がなければ動きません!!
e0062639_13575899.jpg
e0062639_13582930.jpg
宜野湾マリーナが見えてきました。
懐かしく思います。


e0062639_21211803.gif
e0062639_13595063.jpg
石垣島から宜野湾マリーナまで約240マイル
微風・潮流に悩まされ46時間 2オーバーナイト
長い長い帰途でした。

e0062639_14174462.jpg



5年前チャートをニューペック(電子チャート)に変えて
これだけの港に入りました。
我ながらのものすごい行動だと感心します。

e0062639_21215862.gif
e0062639_10153632.jpg




雑感

4月30日に宜野湾を出港
宮古島、西表島、石垣島、台琉レースと
5月24日に宜野湾に戻る25日間のクルージングでした。
クルージングの中では短い日数でしたが
台琉レースでは優秀な成績を残し
非常に想い出深いクルージングでした。
トラブルは
(1)ウインドラスの電蝕
50メートルのチエーンアンカーが流れ出し
それを腕力で引き上げたものすごい力
(2)オルタネーターの故障
石垣島で発生したこと
また、航空便で間に合ったこと
もし間に合わなあったら、天候待ちでまた、一週間
石垣島から出港出来なかったかも?
非常にラッキーだった。

e0062639_21223986.gif
いつも思うのだが
山にしろ・海にしろ
絶えず天候を気にしながらの喜怒哀楽
また、トラブルを乗り越える喜び?
まさに体力と精神力の継続だ!
今回もいろんな仲間に助けられたクルージングでした。
e0062639_11145875.gif



記念のお酒を創りました・・・・(自分で)
まぼろしの銘酒です
e0062639_09532915.jpg


e0062639_15251993.jpg


































































[PR]

# by fudeoka | 2017-05-14 11:18 | Trackback | Comments(0)

台湾基隆港にて

10日
石垣島での壮行会セレモニーが終わり、11時出港
142マイル  追い風・追い波でローリングが激しい
遊びすぎなのか?寝不足で眠たい!!
夜のセーリングはきついな~

追い波のサーフィング  常時8ノット超え 時折 9ノットを記録
横揺れが激しい・・・眠たい  眠たい

11日 午前10時 貴隆漁港入港

左の島は与那国島
e0062639_16162690.jpg
台湾近海は海流が激しい
早いところが4ノットある
尖閣諸島まで流されないように注意!!!

e0062639_11111371.jpg


緑の多い綺麗な基隆の港が見えてきた


e0062639_16175064.jpg



e0062639_16182565.jpg


検疫のイエローフラッグと台湾国旗

e0062639_16185305.jpg

検疫・入管・停泊手続き等々忙しい
無事に終わりました。
e0062639_16192148.jpg

基隆港近くのミンシャマリーナに停泊
夕食はマリーナ前の夜市へ


e0062639_10094888.jpg

e0062639_20442334.jpg



さっそく翌日の新聞に出ていた

e0062639_10490344.jpg



12日は台北へ
基隆駅から電車で台北へ

e0062639_10100604.jpg
台北駅

e0062639_10141164.jpg
世界四大博物館の一つ、国立故宮博物館へ


e0062639_10102298.jpg
(HP)より
台湾に来たら欠かせない観光スポットと言えば、「国立故宮博物院」。
歴史に翻弄されたお宝の数々が並ぶ世界一の中国美術工芸コレクションとして
名高いここ故宮博物院は、フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、
ロシアのエルミタージュと並んで
世界四大博物館の1つにも数えられています。
故宮博物院には、およそ70万点近くの収蔵品があると言われています。
すべてを見て回るには、10年以上はかかると言われています。
玉器は8000年前のものから、5500年前の新石器時代の翡翠の彫り物、
4400年前の陶器、3300年前の青銅器・象形文字、
2200年前の秦の始皇帝の時代、
日本の古墳時代、さらに隋、唐、宋、元、明、清の
歴代宮廷の収蔵文物を継承し、
国立故宮博物院はまさに、中国芸術文化の集大成!

興味のある人にはいい場所ですが、私には猫に小判です?
あるいはぶたに念仏?
トドに説教?
e0062639_10450098.gif
疲れた疲れた!!




なぜ、これほど貴重なコレクションが台湾にあるのか
これは日本が大きな影響を与えたからです。
詳しくは各自で調べてください!!


e0062639_10545300.gif




e0062639_10104349.jpg


いよいよ本来の目的
貴隆に戻り夜市へ

e0062639_10150811.jpg

e0062639_10063812.jpg
またまた食いすぎた!!!


e0062639_10463357.gif

13日  昨日夜から激しい雨・雷が激しかった。
その中をなん艇ものヨットが入港して来る。
明日からの試合に向けてマリーナも忙しくなってきた。


e0062639_16451366.jpg

e0062639_16492473.jpg
友人H氏が乗るココリン(鹿児島県)は
5月3日スタートのアリランレース(釜山~博多)
を終えそのまま台湾までぶっ飛ばして来た強者です。


e0062639_16500231.jpg

e0062639_16501867.jpg


e0062639_15243393.jpg



各艇、整備に余念がない。

e0062639_16522341.jpg
日本から11艇 海外から15艇 総計26艇
190人がエントリーしています。
これから艇長会議
だんだん緊張してきました。

レース委員長F氏さんから試合要項の説明
e0062639_16523433.jpg

いよいよ始まります。

















[PR]

# by fudeoka | 2017-05-11 16:24 | Trackback | Comments(0)

石垣島にて



5日  朝8時 船浮出港
    八重山ヨットクラブのメンバーに迎えられ、
    14時石垣港浮き桟橋に着岸

    石垣島は ダイビングで来た 30年ぐらい前と
    ヨットでは 日本最南端 波照間島・ 
          日本最西端 与那国 へ行った 3年ぶりの寄港

e0062639_11354694.jpg

e0062639_11360013.jpg

6日はさっそくレンタカーで島一周

石垣島はなんといっても、石垣牛、さっそくお牛さんにご挨拶
美味そうだ!!

e0062639_12050092.jpg
モー  じゃましないで・・・





石垣島最北端の灯台  平久保崎灯台
夜間航海、宮古島から来る時最初に見えた灯台  少し暗かったな・・・
e0062639_11372388.jpg

途中おもしろいお店があった。
貝だらけの食堂

e0062639_12175479.jpg
貝に囲まれて石垣牛のカレーを食す

e0062639_12250115.jpg
トイレも貝でいっぱいだ
e0062639_12171812.jpg

玉取崎展望台からの景色

e0062639_11451892.jpg
山の上から見た川平湾
e0062639_11460062.jpg
川平湾はいつ見ても綺麗だ

e0062639_11462951.jpg
連休で多くの観光客がいました。

e0062639_11465871.jpg
夕日のスポット 御神崎灯台

e0062639_11474425.jpg

さすが、尖閣諸島の近くの石垣港
大型の海上保安庁の船が沢山配備されている
忙しいのだろうか、今回は臨検に来なかった!

e0062639_11510580.gif
e0062639_11481575.jpg



e0062639_09250348.jpeg

7日はジェット船で小浜島へ


e0062639_14461281.jpg


e0062639_12064940.jpg
レンタルバイクで島一周

星野リゾート ビーチで


e0062639_12080006.jpg

はいむるぶし

e0062639_12083703.jpg

ちゅらさんの主人公の実家「こはくら荘」

e0062639_12094524.jpg

西表島まで2キロの海岸 海人海岸 マンタ水道だ

e0062639_12090904.jpg


e0062639_09260861.jpeg



石垣島に戻り、今度は竹富島へ
ジェットもドリーム号



e0062639_12281937.jpg
港では早くもヨットレースの受け入れ体制が出来ていた。

e0062639_12321113.jpg

竹富島といえば、美しい海、赤い瓦の集落、
そして水牛車で有名な日本の誇るリゾート地。



e0062639_14573212.jpg

e0062639_12134376.jpg

e0062639_14580561.jpg

歌に出てくる安里屋クマヤ生誕の地


e0062639_12144282.jpg

e0062639_12151930.jpg
なごみの塔から見た赤瓦の集落


e0062639_12161887.jpg

e0062639_09263969.jpeg






8日はそろそろ出港準備
洗濯・燃料・水・買いだし  忙し・忙し


e0062639_14490173.gif

9日 DREA夢を中央桟橋に移動、出国手続き等をします。

中央桟橋で、ヨットを眺めながらしばしの静養

e0062639_16215089.jpg

今宵は居酒屋で
3年前は麦職人98円だったのに・・・・

e0062639_21093528.jpg
今宵も飲みすぎた
明日からは少し真面目に行動します。


e0062639_21114629.gif



10日 台湾に向かいます。




e0062639_10225630.jpg

e0062639_10231847.jpg


e0062639_16362715.jpg




また報告します。

e0062639_15384437.gif







































[PR]

# by fudeoka | 2017-05-05 11:16 | Trackback | Comments(0)

西表島船浮

3日 11時宮古島出港 4日 午前7時 西表島船浮入港
   102M  20時間  (時間調整)


e0062639_15565360.jpg
宮古島に沈む夕日
e0062639_15315137.jpg

石垣島から昇る朝日



e0062639_15330121.jpg

(HPより)
船浮は西表島の西方に位置し、西表島の島内でありながら
道路がつながってなく、
船でしか行くことができない集落で
「陸の孤島・船浮」と称されています。



e0062639_15374563.jpg
e0062639_09395928.jpg

イリオモテヤマネコの発見・捕獲の場所です。

e0062639_15371785.jpg
さっそくカヌーでマングローブ散策


e0062639_15344038.jpg
水落の滝

e0062639_15340551.jpg

綺麗なイダの浜



e0062639_15353370.jpg


e0062639_15361324.jpg


静かな港です


e0062639_09305951.jpg

今宵も飲みすぎました!!

e0062639_09301414.jpg
静寂な船浮
満天の星空

ヨットの上で

e0062639_16040974.gif
あらヨット!





























[PR]

# by fudeoka | 2017-05-04 15:38 | Trackback | Comments(0)

出港しました

4月12日に沖縄に戻り、19日がたちました。
今回は一度もダイビングに行かず、ただひたすら整備に明け暮れました。
今回はあるレース参加のためDREA夢を近海仕様にします。

イリジュウム(衛星電話)の購入
ライフラフト(救命いかだ)の準備
レースエントリー
入出国手続き等々
ばたばたしておりました。


e0062639_07172291.gif
4月30日 同じ宜野湾マリーナのヨット仲間Sさんと出港しました。
しばらく、宜野湾マリーナとお別れです。


e0062639_07180605.jpg


e0062639_07183593.jpg
今年の沖縄は寒い
沖縄に来て数年になりますが、今回初めてオイルスキンを着用
歳とともにオーバーナイトはきつい・・・眠たい!!

月も早くに隠れ、満天の星空  天の川が綺麗かった。

e0062639_07192334.jpg
4月30日6時出港
5月1日 午前11時宮古島平良港入港
宜野湾から宮古まで171マイル 29時間

宮古ではヨット仲間Kさんから車を借り、さっそくドライブ

e0062639_07212435.jpg
e0062639_07205958.jpg
ダイビングのメッカ 通り池(HPより)

下地島北部の海岸近くにある大小2つの円形の池で、海側(南側)の池が直径75メートル、水深45メートル、
陸側(北側)の池が直径55メートル、水深25メートルである。地上からは2つの池が並んでいるように見えるが、
これらは地下部分でつながっており、さらに海側の池は洞穴で海とも通じている。
「通り池」という名は、このような池の構造に由来する。
池の周辺には石灰岩が点在するカレンフェルトと呼ばれるカルスト地形が発達している[2][3]
サーモクラインによる神秘的な景観とも相まって、絶好のダイビングスポットとなっている[5]

このような地形は希少であり、また、周囲に学術上貴重な植物が分布していることから、
通り池は、2006年7月28日に国の名勝及び天然記念物に指定されている。



e0062639_07202108.jpg


宮古島平良港
干満は150cmあります。
e0062639_19122789.jpg

e0062639_08323312.jpg


e0062639_07310200.jpg
リーフは多いですが、航路標識がはっきりしているので入港しやすいです。

e0062639_07311367.jpg
岸壁にすぐ前にトイレ・水はあります。
少し遠いですが50度掛け流しにごり湯 宮古島温泉があります。
夕食はKさんおすすめ、バイキングひまわり800円 安くて美味しい
また、食べ過ぎた!

2日は天気が悪く休養日、早朝より宮古島一周ドライブ
e0062639_19111111.jpg
池間島橋

e0062639_19113048.jpg
太平洋と東シナ海を分ける平安名崎灯台
e0062639_19125754.jpg

e0062639_09461262.jpg

e0062639_19495167.jpg

1905年ロシア海軍バルチック艦隊が極東へ向かっていた。
5月23日、奥浜牛という那覇の帆船乗りの青年が宮古島付近を北上しているバルチック艦隊に遭遇した。
奥浜は宮古島の漲水港(現・平良港)に26日午前10時頃に着き、駐在所の警察官とともに役場に駆け込んだ。

当時の宮古島には通信施設がなかったため、
石垣島にこの情報を知らせる使いを出す事となり、
漁師5人を選抜した。5人は15時間、170キロの距離をサバニを必死に漕ぎ、
石垣島の東海岸に着いて、さらに30キロの山道を歩き、27日午前4時頃、八重山郵便局に飛び込んだ。
電信はそこから沖縄県庁を経由して東京の大本営へ伝えられた。



パウダースノーような海岸   砂山ビーチ

e0062639_15532019.jpg
e0062639_15312424.jpg



日本最南端・最西端の温泉
e0062639_19120966.jpg


e0062639_19131315.jpg
最西端の露天風呂は女風呂になっており入れなかった・・残念!!!

e0062639_09471754.gif

e0062639_19114735.jpg
きょうも夕食はひまわりでバイキング  また食べ過ぎた!!

e0062639_19290599.gif

小さな島を隅ずみまで約200キロ走りました。

e0062639_10015813.jpg

まだまだ旅は続きます。

e0062639_19551168.gif

















[PR]

# by fudeoka | 2017-04-30 08:37 | Trackback | Comments(0)

春爛漫

待ちに待った桜???

e0062639_11430405.gif


今年の桜は例年より遅い
歳とともに待つことが少なくなった昨今・・・

昔は待つ楽しみがいっぱいあったな~~
今、待つことと言えば、
朝飯と昼飯と晩飯ぐらい。

しかし、今の想いは、この桜、後何回見られるだろうか。
そろそろカウントダウンかなと思うと、少し寂しくなってくる。
e0062639_16422072.gif
家の前は日本桜名所100選の地 夙川
e0062639_11304213.jpg

苦楽園口橋から見る西宮のシンボル甲山
e0062639_11313548.jpg

e0062639_11331271.jpg

阪急甲陽線

e0062639_11340579.jpg
プータ サマーカットしましたワン!

e0062639_11403117.gif

e0062639_11350490.jpg


花よりドッグフード

私も花より食べ放題



満開の桜も見たし、そろそろ沖縄に戻ります。


e0062639_16445146.gif

e0062639_11422712.gif














[PR]

# by fudeoka | 2017-04-10 11:43 | Trackback | Comments(0)

スキーに行っておりました



このブログ長いので、まずは上記のユーチューブ
トニーザイラーの「白銀は招くよ」を聴きながら
ゆっくり見てください。
真ん中の矢印をクリックしてください。

e0062639_22272710.gif





3月12日  関空発       午後7時15分
      13日  チュリッヒ空港着  午前7時  時差8時間
e0062639_20104419.jpg


空港でホンダの同期で同じホンダのスキー部で活動したH君の出迎えを受ける
H君は現在もチュリッヒの会社の仕事をしている。
今回のスキーはすべて彼にお任せ!!
空港からすぐに電車でグリンデルワールドへ、午前中に着く
ホテルはユングラウを望む駅のすぐ前。

e0062639_22271451.jpg


さっそく3日間のリフト券を購入(23174円)即滑りに行く。
今日はまずアイガを真っ正面に見る黄色い枠
3年前7月にトレッキングした山です。

e0062639_22252960.jpg


グリンデルワールドの町並み

e0062639_09401265.jpg


すぐ前にヴェッターホルン(3692m)を望む

e0062639_09412092.jpg


3年前トレッキングしたOberjochi(2500m)付近をすべります。

e0062639_09494481.jpg


アイガーを望みながら快適です。

e0062639_09450553.jpg


H君とはお互い実業団で活躍した仲間
ポールを見るとすぐに競いたくなる

e0062639_09422270.jpg


69歳ですがまだまだ現役です。

e0062639_09434084.jpg

夕暮れのぐグリンデルワールド
COOPもあります、モンベルもあります。
e0062639_09511376.jpg


今日の晩飯
e0062639_09515630.jpg


           14日

登山電車で登っていきます。
アイガーの中を通ってユングラウまで行く登山電車です。
今日はピンクのエリア アイガーの横を滑ります

e0062639_08560519.gif

e0062639_22274299.jpg


ここがクライネー・シャイデック
ここを起点に滑ります

e0062639_22361170.jpg


さらにリフトで上に上ります。
アイガーが目の前
アイガーグレッシャー(2320m)


e0062639_22335915.jpg


アイガー北壁
山に憧れ、岩に取りついていた若い頃
アイガー北壁の白い蜘蛛の本を読み
また、トニーザイラーの北壁に挑むの映画を見て
自分もいつかは、北壁を登りたいと思っていました。
        が・・・・・

歳とともに北壁はあきらめ、
せめて稜線のコースならお金さえ出してガイドをや雇えば
いつでも登れると思っていましたが・・・・・
この身体になればもはや・・・・
夢をあきらめました。
せめてアイガーの懐で思い切り滑りたい。
満足の顔です

e0062639_22552390.gif
e0062639_22350455.jpg
e0062639_22592357.jpg

e0062639_23152027.jpeg
e0062639_16041223.jpg

動画は下記クリックしてください。






                 15日
電車で移動します。
地図上のグリーンのエリア
ここは007の映画で有名な
BOND WORLD007 Piz Gloria(2970m)

インターラーケンの湖も見えます

e0062639_23322736.jpg

e0062639_23381318.jpg
e0062639_23372782.jpg

アイガーを真横から見ます
e0062639_23345288.jpg

左からアイガー(3970m)・メンヒ(4107m)・
ユングラウ(4158m)
ホットワインを飲みながらしばし想いにふけます。

e0062639_23502174.gif

e0062639_23355389.jpg

e0062639_23365939.jpg


あそこから滑って来ました。
ものすごい急斜面
私でさえ横滑りで下りてきました

e0062639_23381275.jpg


 アイガー等々を眺めながらのんびり休憩します。


e0062639_08531940.gif
e0062639_23392378.jpg


  満足です!

e0062639_23392827.jpg


                         シーハイル

e0062639_23390008.jpg
e0062639_23440343.jpeg


e0062639_16041223.jpg

アイガー追加






              16日
 早朝の電車でツエルマットに移動します。
 ツエルマットの町並み

e0062639_07575633.jpg


さっそく4日間のリフト券購入(36516円)
ロープウエーで登って行きます。
今日のお宿はここ
3年前にも泊まったホテル・シュワルツゼイ
マッターホルンのすぐ下、最高です。

e0062639_08060876.jpg
e0062639_08021366.jpg


さっそく飲みます

e0062639_08083188.gif

e0062639_08024406.jpg
さっそく滑ります。
今日は黄色いエリア

e0062639_09105315.jpg


気持ちのいい時はこんな滑りです

e0062639_08065374.jpg

右の頂上がグレーシヤパラダイス(3883m)
左がブライトホーン(4164m)


e0062639_10263984.jpg

こんな所にロープエーがかかっています。
富士山より高い3883m
一気に登ります

e0062639_10275484.jpg


遠くに宿泊ホテル
シュワルツゼイが見えます。



e0062639_10294028.jpg


今日の晩飯

e0062639_08524451.gif

e0062639_10311986.jpg


部屋から寝ながらマッターホルンが見られます。

e0062639_10311290.jpg



            17日

e0062639_12320012.jpg

今日も快晴です。

e0062639_12264059.jpg
 イタリアエリアを滑ります
 パスポートはいりません


e0062639_08521396.gif
e0062639_12371162.jpg

e0062639_12270912.jpg

イタリア側のコース
e0062639_12273895.jpg
イタリア側から見たマッターホルン

e0062639_12285699.jpg

e0062639_12435960.jpg

今日の晩飯  チーズフォンジュー

e0062639_12421622.jpg

e0062639_21310622.jpeg

                 18日


今日は初めて曇り
Furiまで下り、ピンクのエリア
スネガーとゴルナグレートを滑ります。

e0062639_08513631.gif

e0062639_12493138.jpg



  登山電車で登ります

e0062639_12485960.jpg
ゴルナグラード駅

e0062639_12505617.jpg

e0062639_21314750.jpeg

             19日

今日は移動日、しかし午前中は滑ります
昨日の新雪で最高のパウダースノー

天候に恵まれたスイス  最高!!
e0062639_13081732.gif


e0062639_10402752.jpg

e0062639_08504889.gif

名残り惜しいマッターホルン
ここでも乾杯

e0062639_10373845.jpg

マッターホルンでの滑り
ちょっとだけよ!!


e0062639_23251813.gif

画像の矢印をクリックしてください。
画面右下の四角をクリックすると画面が大きくなります。




e0062639_08500778.gif




午後からジュネーブに移動します。


e0062639_10345729.jpg
            
e0062639_10335363.jpg



荷物を持っての移動は大変です

                
e0062639_10292321.jpg
列車の中でも飲んでます


e0062639_10313450.jpg


                         それでは次の曲を


                     



e0062639_22272710.gif

                 20日

ジュネーブからフランス ヴァルディゼールへ

e0062639_16095291.jpg

e0062639_10173722.jpg


多くのホテルがこのような石で建てられています。

e0062639_10235498.jpg
さすがフランス
食事が美味しい!!、ワインが飲み放題

e0062639_10230865.jpg
特に意味はありません!!

e0062639_10275763.jpg
毎日フルコースが出ます


e0062639_07520351.jpg
                  21日

ものすごい広いエリア

e0062639_21143363.jpg


まずはホテルのすぐ前のゴンドラで黄色いエリアを滑ります


e0062639_10182971.jpg


e0062639_22160044.jpg



             22日

とにかく広い
今日はピンクとグリーンのエリアを滑ります。


e0062639_10125794.jpg
LA GRANDE MOTTEではホワイトアウト
完全に方向感覚を失った
こわい経験

e0062639_10164967.jpg


e0062639_10221249.jpg
よく滑りました。

e0062639_10250191.jpg

e0062639_10304433.jpg
プータとペロは元気だろうか?


e0062639_08474959.gif
e0062639_08483135.gif

e0062639_10274252.jpg

e0062639_21241973.jpeg
あらためて思いますが・・・・・
この板切れ2枚でこれだけの楽しみ・想い出がつくれる
本当にスキーはすばらしいと想う



e0062639_10295314.jpg



                  23日

 チュリッヒへ移動
      チュウリッヒの駅前  
               なんかまた太ったな~

e0062639_10011744.jpg


綺麗なチュウリッヒ湖


e0062639_10015849.jpg
ロマネスク様式の双子の塔62m(大聖堂)
後ろに聖母聖堂が見えます

e0062639_10023567.jpg
H君お奨めのスイスチョコレート販売所
卸問屋?なので安い
大量に購入(糖尿が心配だ!)


e0062639_10093487.jpg
ツオイクハウスケラー
旧武器庫を改良した有名レストラン
ボリュム万点のスイス料理
サーベルに巻いた肉を食べる

e0062639_10063578.jpg

ものすごい量です

e0062639_10071352.jpg
e0062639_10082002.jpg



                        24日
 チュリッヒ発11時50分の飛行機

e0062639_10001844.jpg
上空から見るアルプス

e0062639_09590297.jpg


                   25日

 早朝に香港着
 乗り換えに時間があるので、じっとしていない僕のこと
 電車とフェリーを乗り継いでチムサイチョウへ、

e0062639_14394009.jpg


かの有名な?ペニンシュラホテル
以前は高価なケーキを食べたが今回は見てるだけ~・・・

e0062639_14402356.jpg


以前と変わらず、高層ビルの建築も竹の足場

e0062639_14410551.jpg


モンコック~ジョダンを散策

e0062639_19353277.jpg


e0062639_19360312.jpg


昨日のチュウリッヒから香港へ
同じ地球上の生活
何か考えさせられる日でした。

夕方の便で一路関空へ
午後10時30分 我が家に着きました。

マッターホルンの麓ですべる
また一つ昔の夢が叶いました。
       一生感動
       一生青春


             

e0062639_16270651.gif














ひとりごと

なぜ僕がスキー部に入ったか・・・・?

それは、それは話せば長いことですが・・・

昭和41年?高校3年の時
親父と、このアルプスの若大将の映画を見に行った。
その時の加山雄三のストライブ入のブルーのトレンカーを見て
是非僕もマッターホルンの前で滑りたいと思った。
それまでは山岳部志望だったが、急遽スキー部に
当時は山での遭難が相次ぎ家族は山岳部は反対していたので
スキー部は賛成だった。

e0062639_18493794.jpg
e0062639_18494914.jpg


ユーチューブからアルプスの若大将

昔の滑りそのものです。
暇な方は是非ご覧ください。





懐かしいでしょ・・・・・
































[PR]

# by fudeoka | 2017-03-12 20:04 | Trackback | Comments(0)