人気ブログランキング |

DREA夢

北海道 ドロンの旅


このブログは長いので
この音楽を聴きながら見てください。
画像の
e0062639_14072941.gif
をクリックしてください。





7月2日 

舞鶴港から23時15分発のフェリーで一路小樽へ

e0062639_18081686.jpg



静かな日本海
7年前はヨットでここを走ったと思うとゾクゾクする。

e0062639_17061276.gif

e0062639_18083417.jpg

e0062639_18090863.jpg


懐かしい神威岬
e0062639_18092674.jpg

今回は天売島には行きません!

ウトウに逢いたかったけれど
e0062639_17071328.gif
e0062639_18095751.jpg

e0062639_09312216.jpg




今回の目的の一番目は

サロベツ原野でドロンを飛ばすこと。
e0062639_18103973.jpg
利尻島を望みます。
e0062639_18110247.jpg
この風力発電をドロンで撮りたかったのだ


ドロンの画像は後ほどユーチューブで!
e0062639_18111704.jpg
オロロンライン沿いにある風力発電 28基あります

e0062639_18113894.jpg
利尻島を望むすばらしい景色です。

e0062639_18342479.jpg
e0062639_18343718.jpg
e0062639_18344884.jpg

サロベツ原野を走る道路
どこまでもまっすぐです。
e0062639_18115116.jpg

e0062639_15195166.jpg


納沙布岬ではありません、ノシャップ岬です。
明日は稚内からこの海を越えて利尻島へ行きます。
e0062639_18120647.jpg

今日の宿泊は前回と同じ稚内キャンプ村
いつも通りのDREA夢鍋
e0062639_18121751.jpg

5日

フェリーで利尻島に渡ります

e0062639_09522806.jpg

利尻島も4回目
定番のコース バイクで走ります
寒い・寒い

e0062639_09505045.jpg

e0062639_09500586.jpg
e0062639_09501818.jpg
e0062639_09503228.jpg

やっと利尻岳が見えました
8年前に登りました
1819メートル(百名山)
e0062639_09511451.jpg
ここが べし岬
e0062639_09514671.jpg
以前この港にDREA夢を停めた懐かしい場所です。

e0062639_09520146.jpg

7年前の同じ場所 (昔の写真から)
e0062639_14580921.jpg


利尻港 向こうの山がベシ岬
e0062639_09521276.jpg

昼から礼文島に行きます
どこに行っても 忙しい・忙しい!!
e0062639_09540187.jpg


礼文島も4回目
ここも定番のコースバイクで走ります。
e0062639_09525967.jpg
e0062639_09532326.jpg


礼文島の山

e0062639_09533654.jpg


以前は頂上に登りました。(昔の写真から)

e0062639_15004120.jpg


カモメの行列

e0062639_09534998.jpg

6日

宗谷岬

e0062639_10451088.jpg


エサヌカ線
オホーツク海をに面した猿払村の海岸線を走る道
13キロほどガードレールや、電線はありません。
両側はずーと牧草地です。
最高!

e0062639_10463927.jpg


車も走っていません。
日本でもまた、バカをやっています。

e0062639_10465561.jpg


アメリカでもやっていました。

e0062639_15051190.jpg

e0062639_10471332.jpg


e0062639_10472613.jpg


ルシャおろし
雲が山を越えて舌のように垂れ下がって来る雲
これは強風の状態、ヨットマンに恐れられています。

e0062639_10473940.jpg


e0062639_10475051.jpg


網走番外地、ここには泊まりません

e0062639_10480473.jpg


今日の泊りは網走港
以前DREA夢を留めた懐かしい場所です。

e0062639_10481663.jpg

7日

屈斜路湖にあるコタン温泉

混欲露天風呂ですが誰も入っていませんでした。残念!!
ずっと霧の中を走り、わざわざ来たのに!!

e0062639_13305556.gif

e0062639_10485921.jpg

e0062639_10484647.jpg

一路知床半島へ

定番のオシンコシンの滝




e0062639_10491549.jpg


今回もここまで来ました。
カムイワッカの滝温泉

e0062639_10492948.jpg


川すべてが温泉です。
水温は上流に行くほど温いです。
誰も入っていません。
最高の温泉です。

e0062639_10494125.jpg


メス鹿が私を見ています。

e0062639_10495468.jpg


羅臼岳は曇って見えませんでした。

e0062639_10500734.jpg


今回もここの温泉が目的でした。

e0062639_10502141.jpg


羅臼の昆布がいっぱいの露天風呂
下は昆布だらけなのでスリッパを履いて入ります。

e0062639_17082625.gif

e0062639_10503292.jpg
こんな感じです。
誰も入っていません。
さらにお肌がすべすべになりました?



e0062639_10590202.jpg



満潮だとこんな感じ、ゆっくり入っておれません。(昔の写真)

e0062639_21112868.jpg
それぞれ知床半島の端にあります。
ほとんどの人は行きません!!
e0062639_18052851.jpg



根室白鳥道の駅で泊


8日

納沙布岬に行きます。

e0062639_10510478.jpg
e0062639_10511626.jpg


ヨットで沖から見た四島の架け橋 (昔の写真から)

e0062639_13405782.jpg

e0062639_10513785.jpg



叫んできました、返せ北方領土

e0062639_13424764.gif

e0062639_10514985.jpg

e0062639_10520671.jpg



ロシア領の貝殻島まで3.7キロ
その真ん中1.8キロの間を通過しないと
ロシアに拿捕されるか、威嚇射撃を受けると
海上保安庁から脅かされていた

e0062639_10522030.jpg

海上保安庁からもらった海峡情報、これをプロッターに入れて
ただひたすらレーダーを見ながら走ったことが思い出される。

e0062639_13383464.jpg


こんなところをよく通ったものだと今ながらに関心する。


e0062639_10523595.jpg

花崎灯台車石
放射状に広がっているのは世界でも珍しい。
国の天然記念物。

e0062639_10531130.jpg



白糠で泊
今日の食事はホタテ・牡蠣・イカ 焼肉のフルコース

e0062639_10532806.jpg

e0062639_10534103.jpg
e0062639_14335960.jpg



9日

懐かしい十勝広尾の漁港
ここで襟裳岬通過の風待ちをした港。
胃の痛い毎日でした。
 

e0062639_10535479.jpg


襟裳岬は風速10メートル以上の風の吹く日が、
年間290日以上もある、
  日本屈指の強風地帯です。

毎日毎日、行こうか戻ろうかと悩んだ港です。
戻るとしてもまた納沙布岬を通らなければならないし・・・

当時の十勝広尾漁港  (昔の写真)
サケ漁の盛んな時に大型船に挟まれてつらい日々でした。

e0062639_13441624.jpg




やってきました。
今回二回目の目的
以前白い恋人たちのチョコレートのデザインを見て
いつかは行ってみたいと思っていた。
しかし、当時はヘリコプターでしか行けませんでした。

これはヘリコプターからの写真
ぜひこれを見たいと以前から思っていました。

e0062639_11143154.jpg
(HPより)
e0062639_16101553.jpg



当時はヘリコプターしか見ることが出来なかったが
今はドロンがある
場所はここ

e0062639_11135755.jpg


e0062639_10540862.jpg



e0062639_10542120.jpg



これをドロンで撮りたくてやって来たのだ。
日高振興局で入山許可書を事前に申請します。

さー、撮れるかどうか?

最初飛ばしたら上空は雲の中

なんとか撮りたい

e0062639_14033625.jpg

待つことが嫌いな私ですが
この時は一度山を下り、2時間待ちました
e0062639_14004139.jpg
徐々に晴れてきました。
e0062639_14012354.jpg
なかなか難しいです。
横向きで我慢してください。
e0062639_14014099.jpg



e0062639_14015321.jpg

ヘリコプターほど奇麗ではありませんが
何とか思い通りの映像が撮れました。
e0062639_14020666.jpg
高度が低いときれいに撮れます。
へこんでいるところはこんな感じ
e0062639_14125999.jpg
ナキウサギの声が聞こえる静かな湖です。
e0062639_14131565.jpg


秋の画像(HPより)

もう一度晴天の秋にもチャレンジしてみよう!!
e0062639_14095586.jpg


念願が叶い、襟裳岬に向かいます
e0062639_11162646.jpg


これが連日10メートル以上風の吹く先端です。

e0062639_11164575.jpg

e0062639_11170021.jpg



襟裳岬を通過したとき、沖合の海から見た襟裳岬 (昔の写真)
無事に通過しました。

e0062639_14173475.jpg


歳とともにこの俵の上に乗るのも難しい

e0062639_11172904.jpg

e0062639_11175294.jpg
e0062639_09422546.gif

三石の温泉に入り豊似湖の映像に満足する。



10日

新冠のサラブレッド街道を走る
e0062639_11180966.jpg

e0062639_11182599.jpg
e0062639_11183617.jpg
想い出のトマム
ここの23階に滞在していました。

e0062639_11382326.jpg


冬のトマム
e0062639_09453990.jpg



滑ったコースを想いだしながらコーヒータイム
e0062639_11383500.jpg
e0062639_11384983.jpg

e0062639_11390685.jpg
かなやま湖のラベンダー畑を通り
いよいよ富良野に入ります。
e0062639_11391990.jpg
村営のファーム富田
e0062639_11393489.jpg
中富良野の街並み
e0062639_11394931.jpg
花より団子ですが・・
e0062639_11400218.jpg
e0062639_11402194.jpg

e0062639_11403695.jpg
十勝岳の展望台

e0062639_11405752.jpg
白金青い池

e0062639_11411206.jpg
e0062639_11412434.jpg
いよいよ今回3回目の目標

e0062639_14284589.jpg
e0062639_11420628.jpg



e0062639_11422120.jpg

e0062639_11423884.jpg


そう、ここでドロンを飛ばします。
もちろん許可をもらっています。

e0062639_11433380.jpg

e0062639_11434679.jpg

e0062639_09502551.jpg



今日は美瑛の道の駅で泊

11日

最高の天気
大雪山旭岳に登ります(二回目)
2290メートル(百名山)

e0062639_11440191.jpg

e0062639_11441808.jpg
e0062639_14483267.jpg


e0062639_11443782.jpg
e0062639_11445005.jpg





e0062639_11450242.jpg
e0062639_11451919.jpg
e0062639_11453130.jpg


e0062639_13493089.jpg

e0062639_14055594.jpg



全ての目標を終えて11日のフェリーで戻ります。



e0062639_14512544.gif


動画はこちらです。

サロベツ原野
e0062639_14523300.jpg

e0062639_17000419.gif


サロベツ原野




豊似湖




四季彩の丘





付録

エサヌカ線





総集編

e0062639_17143876.gif












# by fudeoka | 2019-07-02 18:06 | Trackback | Comments(0)

沖縄に戻りました

4月12日

久しぶりの真栄田岬

冬は北風が強くなかなか潜る事が出来なかった。
久しぶりに潜る

e0062639_20454947.jpg

まずはヘヤガラが御出迎え
e0062639_20461137.jpg

いつものポニョちゃんも御出迎え?
e0062639_20470694.jpg
e0062639_20472535.jpg



突然大群が横切る・・名前は不詳

e0062639_20473964.jpg

e0062639_21163411.gif

e0062639_20475546.jpg

青の洞窟の入口

e0062639_20504380.jpg


e0062639_20505925.jpg



e0062639_20511970.jpg

人なつこいツバメウオ

e0062639_20521250.jpg


e0062639_20515555.jpg


e0062639_20523061.jpg
e0062639_20524879.jpg


e0062639_21143205.gif



翌日はセーリング
やはり沖縄はいいな~
e0062639_21033488.jpg

e0062639_21020362.jpg








































# by fudeoka | 2018-04-12 20:48 | Trackback | Comments(0)

沖縄に戻りました。

8月22日

86日ぶりに宜野湾に戻りました。
今年は、沖縄に台風が来ていない。
サンゴの白化現象が心配だ。
24日、さっそくマリーナ前のポイントでダイビング。

e0062639_16285900.jpg

e0062639_16331634.gif
e0062639_16291767.jpg
ここのサンゴは大丈夫だ。

e0062639_16293664.jpg

テーブルサンゴも大丈夫
e0062639_16295364.jpg

e0062639_16342788.gif

ポイントはマリーナのすぐ前
ゴムボートで行きました。
e0062639_16301393.jpg











# by fudeoka | 2017-08-24 16:23 | Trackback | Comments(0)

台琉レース


このブログは少し長いので
映像の真ん中のを押して歌でも聴きながら見てください。




5月14日
各艇ゼッケンを付けていよいよレーススタート

e0062639_11372400.jpg
e0062639_12082156.jpg


e0062639_12084414.jpg


14日の第一レースは基隆島一周
前を行くのは二本マストのココリン

e0062639_11341395.jpg

e0062639_11343021.jpg
e0062639_11344887.jpg

e0062639_11350710.jpg

ドロンによる空撮

e0062639_12090776.jpg

e0062639_12092213.jpg
e0062639_12093592.jpg




基隆島

e0062639_15541221.jpg


e0062639_21101129.gif





第一レースの表彰式

e0062639_11332917.jpg
食べ物は十分にあります

e0062639_11335764.jpg

e0062639_11330665.jpg
第一レースクラスⅡ 
なんと第3位


e0062639_16021621.gif
e0062639_16060118.gif



ユニフオームも無い、老人二人のメンバー・・・・・

e0062639_11352497.jpg
優勝艇は石垣でお世話になったFチーム
ユニフォームも揃え日頃の練習の成果

e0062639_17132999.jpg

3位のトロフィー


e0062639_21110604.gif

e0062639_17055292.jpg
最高に美味い酒だ!!



e0062639_16021621.gif
e0062639_17061001.jpg

15日は石垣までのロングレース
全艇そろって出港

e0062639_17233995.jpg


e0062639_17252739.jpg

e0062639_16085464.gif


石垣はそろそろ梅雨入りか
梅雨前線が停滞。
雨風強し!!

e0062639_15054318.jpg

e0062639_15044636.jpg
黒潮も激しい!


e0062639_21114938.gif


e0062639_15210869.jpg
潮と横波でローリングが激しい
疲れる!

潮目でのローリングは激しい!!



e0062639_15255495.jpg

e0062639_17294859.jpg

眠気と横揺れでふらふらです。




e0062639_21123524.gif
e0062639_17262765.jpg
風が強いので渡り鳥?つばめ?が休憩?
僕の座布団を占領された。

e0062639_17275007.jpg

e0062639_21143206.gif

慣れたのか、今度はキャビンの中へ

e0062639_17284482.jpg


だんだん波が高くなってきた

e0062639_17301667.jpg




雨も激しくなってきた



e0062639_17304761.jpg


e0062639_15221486.jpg

e0062639_15110835.gif

真っ暗でなんにも見えね~

e0062639_15213070.jpg



16日  140マイル完走
石垣島岸壁に舫う


e0062639_17311495.jpg


e0062639_14574784.jpg


e0062639_14585515.jpg


18日 第三レース  ポイントレース

ニライカナイ艇提供

e0062639_20390563.jpg


表彰式


e0062639_15592235.jpg


e0062639_14592442.jpg


e0062639_15000293.jpg

第二レース1位 AOBA(鹿児島県)
e0062639_15002778.jpg

DREA夢はなんと、なんと第三レース1位
総合成績2位になる!!



e0062639_16001393.gif


e0062639_20395781.jpg

e0062639_10133816.jpg
e0062639_21174148.gif



e0062639_20402641.jpg


e0062639_10143409.jpg
古希を間近の二人で望んだレース
すばらしい出来前との賞賛を浴びる。

e0062639_15010577.jpg

3次会・ヨットマンが集まるタニファーにて

e0062639_15013493.jpg

e0062639_16005394.gif


e0062639_15020720.jpg
綺麗なクリスタルのトロフィー
さっそくDREA夢に飾りました



e0062639_16021621.gif

e0062639_15023325.jpg

地元新聞には大きく掲載され
一躍、有名人になりました・

e0062639_16300920.jpg


e0062639_16304134.jpg

自分にご褒美
石垣肉ではありません。
テキサス肉です。
僕にはこっちの方が美味い!!



e0062639_16360724.gif
e0062639_16333614.jpg

最終成績表
総合2位
e0062639_10250182.jpg
ご褒美その2

DREA夢はトロフィーより、飯の方がいいだろうと言うことで
八重山ヨット倶楽部のF会長に生の猪の肉が食べられるち言うことで
石垣島の隠れ座敷へ連れていっていただきました。

e0062639_09581862.jpg


e0062639_09590573.jpg

e0062639_09584237.jpg
あと、ピザもチーズが大変美味しい
失礼だが、こんな所にこんなお店があるとは・・・
ご馳走さまでした。

e0062639_10313484.gif
石垣島で咲いていた鳳凰木

e0062639_10170691.jpg
石垣島での生活も長くなりました。
e0062639_12165421.jpg
海上保安庁も忙しく動いています。
e0062639_12172775.jpg
夜光貝磨けばここまで綺麗になります。
e0062639_13515943.jpg
ジョッキ生 100円
つまみ 290円 量も多いし美味い
このような企業努力?は好きだな~
e0062639_13522047.jpg




5月22日 夕方6時出港石垣港を出港し、宜野湾に戻ります。

e0062639_10150729.jpg


御神崎灯台

e0062639_21200475.gif
e0062639_13554401.jpg
日出か夕日か忘れました!

e0062639_13561686.jpg
こんなすがすがしい天気もあります。

e0062639_13565376.jpg

e0062639_21203564.gif

e0062639_13572630.jpg
操縦席です。
レーダー・オートパイロット
水深計・速度計・GPS・プロッター
すべて電子機器です。
人間の頭はあまりいりません。
電気がなければ動きません!!
e0062639_13575899.jpg
e0062639_13582930.jpg
宜野湾マリーナが見えてきました。
懐かしく思います。


e0062639_21211803.gif
e0062639_13595063.jpg
石垣島から宜野湾マリーナまで約240マイル
微風・潮流に悩まされ46時間 2オーバーナイト
長い長い帰途でした。

e0062639_14174462.jpg



5年前チャートをニューペック(電子チャート)に変えて
これだけの港に入りました。
我ながらのものすごい行動だと感心します。

e0062639_21215862.gif
e0062639_10153632.jpg




雑感

4月30日に宜野湾を出港
宮古島、西表島、石垣島、台琉レースと
5月24日に宜野湾に戻る25日間のクルージングでした。
クルージングの中では短い日数でしたが
台琉レースでは優秀な成績を残し
非常に想い出深いクルージングでした。
トラブルは
(1)ウインドラスの電蝕
50メートルのチエーンアンカーが流れ出し
それを腕力で引き上げたものすごい力
(2)オルタネーターの故障
石垣島で発生したこと
また、航空便で間に合ったこと
もし間に合わなあったら、天候待ちでまた、一週間
石垣島から出港出来なかったかも?
非常にラッキーだった。

e0062639_21223986.gif
いつも思うのだが
山にしろ・海にしろ
絶えず天候を気にしながらの喜怒哀楽
また、トラブルを乗り越える喜び?
まさに体力と精神力の継続だ!
今回もいろんな仲間に助けられたクルージングでした。
e0062639_11145875.gif



記念のお酒を創りました・・・・(自分で)
まぼろしの銘酒です
e0062639_09532915.jpg


e0062639_15251993.jpg



































































# by fudeoka | 2017-05-14 11:18 | Trackback | Comments(0)

台湾基隆港にて

10日
石垣島での壮行会セレモニーが終わり、11時出港
142マイル  追い風・追い波でローリングが激しい
遊びすぎなのか?寝不足で眠たい!!
夜のセーリングはきついな~

追い波のサーフィング  常時8ノット超え 時折 9ノットを記録
横揺れが激しい・・・眠たい  眠たい

11日 午前10時 貴隆漁港入港

左の島は与那国島
e0062639_16162690.jpg
台湾近海は海流が激しい
早いところが4ノットある
尖閣諸島まで流されないように注意!!!

e0062639_11111371.jpg


緑の多い綺麗な基隆の港が見えてきた


e0062639_16175064.jpg



e0062639_16182565.jpg


検疫のイエローフラッグと台湾国旗

e0062639_16185305.jpg

検疫・入管・停泊手続き等々忙しい
無事に終わりました。
e0062639_16192148.jpg

基隆港近くのミンシャマリーナに停泊
夕食はマリーナ前の夜市へ


e0062639_10094888.jpg

e0062639_20442334.jpg



さっそく翌日の新聞に出ていた

e0062639_10490344.jpg



12日は台北へ
基隆駅から電車で台北へ

e0062639_10100604.jpg
台北駅

e0062639_10141164.jpg
世界四大博物館の一つ、国立故宮博物館へ


e0062639_10102298.jpg
(HP)より
台湾に来たら欠かせない観光スポットと言えば、「国立故宮博物院」。
歴史に翻弄されたお宝の数々が並ぶ世界一の中国美術工芸コレクションとして
名高いここ故宮博物院は、フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、
ロシアのエルミタージュと並んで
世界四大博物館の1つにも数えられています。
故宮博物院には、およそ70万点近くの収蔵品があると言われています。
すべてを見て回るには、10年以上はかかると言われています。
玉器は8000年前のものから、5500年前の新石器時代の翡翠の彫り物、
4400年前の陶器、3300年前の青銅器・象形文字、
2200年前の秦の始皇帝の時代、
日本の古墳時代、さらに隋、唐、宋、元、明、清の
歴代宮廷の収蔵文物を継承し、
国立故宮博物院はまさに、中国芸術文化の集大成!

興味のある人にはいい場所ですが、私には猫に小判です?
あるいはぶたに念仏?
トドに説教?
e0062639_10450098.gif
疲れた疲れた!!




なぜ、これほど貴重なコレクションが台湾にあるのか
これは日本が大きな影響を与えたからです。
詳しくは各自で調べてください!!


e0062639_10545300.gif




e0062639_10104349.jpg


いよいよ本来の目的
貴隆に戻り夜市へ

e0062639_10150811.jpg

e0062639_10063812.jpg
またまた食いすぎた!!!


e0062639_10463357.gif

13日  昨日夜から激しい雨・雷が激しかった。
その中をなん艇ものヨットが入港して来る。
明日からの試合に向けてマリーナも忙しくなってきた。


e0062639_16451366.jpg

e0062639_16492473.jpg
友人H氏が乗るココリン(鹿児島県)は
5月3日スタートのアリランレース(釜山~博多)
を終えそのまま台湾までぶっ飛ばして来た強者です。


e0062639_16500231.jpg

e0062639_16501867.jpg


e0062639_15243393.jpg



各艇、整備に余念がない。

e0062639_16522341.jpg
日本から11艇 海外から15艇 総計26艇
190人がエントリーしています。
これから艇長会議
だんだん緊張してきました。

レース委員長F氏さんから試合要項の説明
e0062639_16523433.jpg

いよいよ始まります。


















# by fudeoka | 2017-05-11 16:24 | Trackback | Comments(0)

石垣島にて



5日  朝8時 船浮出港
    八重山ヨットクラブのメンバーに迎えられ、
    14時石垣港浮き桟橋に着岸

    石垣島は ダイビングで来た 30年ぐらい前と
    ヨットでは 日本最南端 波照間島・ 
          日本最西端 与那国 へ行った 3年ぶりの寄港

e0062639_11354694.jpg

e0062639_11360013.jpg

6日はさっそくレンタカーで島一周

石垣島はなんといっても、石垣牛、さっそくお牛さんにご挨拶
美味そうだ!!

e0062639_12050092.jpg
モー  じゃましないで・・・





石垣島最北端の灯台  平久保崎灯台
夜間航海、宮古島から来る時最初に見えた灯台  少し暗かったな・・・
e0062639_11372388.jpg

途中おもしろいお店があった。
貝だらけの食堂

e0062639_12175479.jpg
貝に囲まれて石垣牛のカレーを食す

e0062639_12250115.jpg
トイレも貝でいっぱいだ
e0062639_12171812.jpg

玉取崎展望台からの景色

e0062639_11451892.jpg
山の上から見た川平湾
e0062639_11460062.jpg
川平湾はいつ見ても綺麗だ

e0062639_11462951.jpg
連休で多くの観光客がいました。

e0062639_11465871.jpg
夕日のスポット 御神崎灯台

e0062639_11474425.jpg

さすが、尖閣諸島の近くの石垣港
大型の海上保安庁の船が沢山配備されている
忙しいのだろうか、今回は臨検に来なかった!

e0062639_11510580.gif
e0062639_11481575.jpg



e0062639_09250348.jpeg

7日はジェット船で小浜島へ


e0062639_14461281.jpg


e0062639_12064940.jpg
レンタルバイクで島一周

星野リゾート ビーチで


e0062639_12080006.jpg

はいむるぶし

e0062639_12083703.jpg

ちゅらさんの主人公の実家「こはくら荘」

e0062639_12094524.jpg

西表島まで2キロの海岸 海人海岸 マンタ水道だ

e0062639_12090904.jpg


e0062639_09260861.jpeg



石垣島に戻り、今度は竹富島へ
ジェットもドリーム号



e0062639_12281937.jpg
港では早くもヨットレースの受け入れ体制が出来ていた。

e0062639_12321113.jpg

竹富島といえば、美しい海、赤い瓦の集落、
そして水牛車で有名な日本の誇るリゾート地。



e0062639_14573212.jpg

e0062639_12134376.jpg

e0062639_14580561.jpg

歌に出てくる安里屋クマヤ生誕の地


e0062639_12144282.jpg

e0062639_12151930.jpg
なごみの塔から見た赤瓦の集落


e0062639_12161887.jpg

e0062639_09263969.jpeg






8日はそろそろ出港準備
洗濯・燃料・水・買いだし  忙し・忙し


e0062639_14490173.gif

9日 DREA夢を中央桟橋に移動、出国手続き等をします。

中央桟橋で、ヨットを眺めながらしばしの静養

e0062639_16215089.jpg

今宵は居酒屋で
3年前は麦職人98円だったのに・・・・

e0062639_21093528.jpg
今宵も飲みすぎた
明日からは少し真面目に行動します。


e0062639_21114629.gif



10日 台湾に向かいます。




e0062639_10225630.jpg

e0062639_10231847.jpg


e0062639_16362715.jpg




また報告します。

e0062639_15384437.gif








































# by fudeoka | 2017-05-05 11:16 | Trackback | Comments(0)

西表島船浮

3日 11時宮古島出港 4日 午前7時 西表島船浮入港
   102M  20時間  (時間調整)


e0062639_15565360.jpg
宮古島に沈む夕日
e0062639_15315137.jpg

石垣島から昇る朝日



e0062639_15330121.jpg

(HPより)
船浮は西表島の西方に位置し、西表島の島内でありながら
道路がつながってなく、
船でしか行くことができない集落で
「陸の孤島・船浮」と称されています。



e0062639_15374563.jpg
e0062639_09395928.jpg

イリオモテヤマネコの発見・捕獲の場所です。

e0062639_15371785.jpg
さっそくカヌーでマングローブ散策


e0062639_15344038.jpg
水落の滝

e0062639_15340551.jpg

綺麗なイダの浜



e0062639_15353370.jpg


e0062639_15361324.jpg


静かな港です


e0062639_09305951.jpg

今宵も飲みすぎました!!

e0062639_09301414.jpg
静寂な船浮
満天の星空

ヨットの上で

e0062639_16040974.gif
あらヨット!






























# by fudeoka | 2017-05-04 15:38 | Trackback | Comments(0)

AMERICA'S CUP

ついにやって来ました。

(HPより)
160年以上の長い歴史を持つアメリカズカップ
英国のワイト島であるヨットレースが行われた。その後、このレースは脈々と続き、
今では「海のF1レース」と言われている。
世界最古のスポーツトロフィーである。
アメリカズカップ本戦は、前回大会の優勝チーム
(ディフェンディングチャンピオン)と
挑戦チームが1対1で争うマッチレースで、
第35回大会は2017年6月に英国領バミューダで開かれる。
前回王者はオラクル・チーム・USA(米国)で、その挑戦権をかけて、
ランドローバー・BAR(英国)、エミレーツ・チーム・
ニュージーランド(ニュージーランド)、
グルパマ・チーム・フランス(仏国)、アルテミス・レーシング(スウェーデン)、
そしてソフトバンク・チーム・ジャパン(日本)の5チームが争う。

e0062639_15524722.jpg


事前に偵察に行った編集長から貴重な写真

ルイヴィトンの店であのアメリカズカップが・・・
e0062639_17454495.jpg


小戸マリーナーでは
これがセール?
e0062639_160256.jpg


マストの下はこんな感じ
e0062639_1605773.jpg


e0062639_11555419.jpg


ソフトバンク・チーム・ジャパン
e0062639_1615141.jpg


クレーンで釣り上げて
e0062639_1613173.jpg


海上へ
e0062639_1842235.jpg



18日 編集長宅へ
三日間お世話になります。

e0062639_1711086.jpg


まずは、小戸ヨットハーバーへ
30歳 ヨットを始めた小戸マリーナにアメリカズカップのヨットが
まさに感無量!!

e0062639_17284245.jpg


e0062639_1729049.jpg


Little WingオーナーOさんのお世話で

e0062639_164113.jpg


ここから見ることが出来ます。

e0062639_17461290.jpg


レース海域はこんな感じです

e0062639_1645019.jpg


ワインを飲みながら暖かいところで観戦出来ます。

e0062639_17144098.jpg


このような施設も用意して

e0062639_17132340.jpg


双眼鏡では
e0062639_16525.jpg


このように見えます

e0062639_164404.jpg


まずは、エアーショー
e0062639_17263493.jpg


e0062639_17462661.jpg


始まりました
e0062639_22323614.jpg


e0062639_22325324.jpg


e0062639_22331274.jpg


e0062639_11563977.jpg




20日 最終日はビーチからの観戦

e0062639_22302537.jpg


e0062639_1728090.jpg


ものすごい観客です。

e0062639_17291546.jpg


コースの説明

e0062639_11575021.jpg


テレビではこのように映りますが・・
実際海の上に線が引いてあるわけではありません。
ルールがわかりずらく、レース経験のある私でもさっぱり、わかりません!!

e0062639_1158765.jpg


e0062639_18565591.jpg


e0062639_18571245.jpg


e0062639_18572387.jpg


e0062639_17245824.jpg


フォイリング するソフトバンク

 (メモ:フォイリングとは、水中翼を使い、船体が海面を飛ぶように進むこと)

e0062639_17251058.jpg



なんと、ハワイでヨット停泊の時、お世話になった、ジャンボ U氏と出会う。
アメリカズカップのレース役員で来ているとか・・懐かしい
相変わらず、バカでかい!

e0062639_18591358.jpg


アメリカズカップを振り返って
成績は良くなかったが、結果を評論するのでは無く
イキリス・ニュージランドと同じように海に囲まれた海洋国日本
なぜ、海の遊びが多くの人たちに浸透していないのだろうか・・・
何かを感じさせてくれるこの企画、すばらしい!

たかがこのカップのために・・・・・・・・膨大な資金が
e0062639_22144354.jpg


僕にも少しはこれを想う時があった。
表彰状と言う紙切れ一枚に多くのお金と時間をかけて・・・

たかが紙切れ、されど紙切れ

e0062639_22233482.gif




少しだけ?  中洲の夜も観戦しました!
e0062639_129627.jpg


e0062639_1210351.gif




e0062639_17304477.gif


e0062639_22531416.jpg

e0062639_22553254.gif

e0062639_225508.gif

ユーチューブから
      アメリカズ・カップ1


       アメリカズ・カップ2






# by fudeoka | 2016-11-18 15:09 | Trackback | Comments(0)

念願の空撮だったが・・・

ヨロン島の百合ケ浜の空撮・・・・
いつかはドロンを飛ばしたいと思っていた日がやって来ました。
e0062639_8222483.gif


ドロンを飛ばす条件としては
大潮で干潮時に砂浜が現れなければならない。
雨でなく、また昼間の干潮でなければならない。
ヨットで行くため少なくとも、四日間天候が安定しなくてはならない、等々・・・

11月の沖縄は北風が強く、なかなかセーリング出来る日が少ない。

11月14日からの大潮、晴天の予報。
待ちに待った日がやって来ました。
e0062639_8231698.gif


12日早朝、マリーナを出港。
初日は伊是名漁港に停泊。
伊是名は初めて入る漁港
e0062639_15514392.jpg



13日、昼頃ヨロン島茶花港に到着。

時間があったのでボートダイビングをする。
毎日のダイビングで珊瑚も、熱帯魚も少し飽きてきたので
今回は、以前お世話になった、Iさん推薦の海中宮殿のポイントで潜る

e0062639_883880.jpg


海中宮殿はこんな所です。

e0062639_1557273.jpg


e0062639_15553492.jpg


人口の宮殿ですが、サンゴが養殖されていて、非常に神秘的です。

e0062639_15564867.jpg


e0062639_15573891.jpg


e0062639_15583416.jpg


ヨロン島は慶良間とはまた違った、海底の景色
白い砂浜が非常に綺麗ところです。

e0062639_15571992.jpg


初めて見るクマノミだな・・
e0062639_155749100.jpg


宮殿の主? 大きなミノカサゴ
e0062639_1558774.jpg


オニハタタテダイとミノカサゴのコラボ
e0062639_1558212.jpg


ヨロン島の浮き桟橋
e0062639_16302769.jpg


14日 いよいよ待ちにまった大潮の日になりました。

(HPより)
絶景!!幻の白い砂浜「百合ヶ浜」
百合ヶ浜は、島の東側にある、大金久海岸の沖合い1.5キロの場所に
例年だと春から夏にかけて、大潮の干潮の時間帯にその姿を現します。
百合ヶ浜は日によって現れる時間、位置や大きさが違い、
潮が満ちてくるとまた波の下に隠れてしまいます。百合ヶ浜の白砂と辺り一面が
エメラルドグリーンに輝く海の色はまさに地球の楽園。
百合ヶ浜で年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれるという言い伝えがあります。
e0062639_14385588.jpg



大金久海岸
e0062639_161448.jpg


e0062639_1605077.jpg


ボートで移動します。
e0062639_15594710.jpg


徐々に引いてきました。
e0062639_16305511.jpg


もう少し待てば良かったのに・・・・・短気は損気
e0062639_8202578.gif


反省だけなら猿でも出来るキヤ!
e0062639_8211145.gif


e0062639_1615452.jpg


飛ばしました。

e0062639_1621357.jpg


しかし・・・・

カメラが動きません
離陸時まだ少し海水が残っており、その海水を巻き込んだかもしれません。
何しろ砂浜が現れるのは15分程度と聞いていたのであわてて飛ばしてしまった。

取れた画像はこれだけです・・・・

e0062639_8155810.gif


わずかな砂浜に沢山の人が見えますか?

カメラ故障の為下向きしか写りません。
砂浜の綺麗な映像を撮りたかったのに・・・・

e0062639_1682446.jpg


e0062639_1791953.gif



今日はスーパームーンです。
(HPより)

14日夜は、月が1年の中で最も地球に近づき、大きく明るい満月となる
「スーパームーン」が北日本や沖縄などで観測された。68年ぶりの近さで、
明るさと大きさは、いずれも約1.3倍になる。

e0062639_162429.jpg


ヨットから見るバカでかい月
e0062639_1631829.jpg


おでんをつつきながら見ます。

e0062639_16505582.jpg


e0062639_165188.jpg



e0062639_163335.jpg


いい映像が撮れなかったのでやけ酒です。
  (なんか、頭の後ろ毛が薄くなっているな・・・?)
e0062639_1634589.jpg


e0062639_1643077.jpg


15日、今日の航程は長いので早朝から出港、まだ、スーパームーンが見られます。
月明かりで航路は明るいです。
e0062639_1630024.jpg


日の出です、霞んでない水平線から出る太陽は珍しいです。

e0062639_165635.jpg


e0062639_1651969.jpg


e0062639_1653249.jpg


アビームの風を受けて快調に飛ばします。
e0062639_1654540.jpg


11時間でマリーナに戻ってきました。
マリーナに戻ってもまだ綺麗なスーパームーンが見られました。
e0062639_16557100.jpg


少しのミスで待ちに待った空撮は失敗に終わったけれど、
これはまた、来いと言うことだと思います。

e0062639_17143736.gif


ドロンはだめだったが、最高のスーパームーン
また、綺麗な水平線から上がる太陽、すばらしいクルージングでした。



e0062639_16181216.jpg



・                動画はこちらから

e0062639_12323392.jpg

e0062639_12332174.gif

e0062639_1233593.gif

                ヨロン島クルージング





# by fudeoka | 2016-11-12 15:42 | Trackback | Comments(0)

ボートダイビング

新たなポイントを探すため、今回はボートダイビング

ヨットなら5時間かかる慶良間諸島まで1時間で到着

e0062639_11381390.jpg


e0062639_11383992.jpg


e0062639_1311892.jpg


今回のポイントは三ケ所
e0062639_11245830.jpg

e0062639_12115093.jpg


儀志布島で潜るなり、青ウミガメの子どもが
e0062639_11273066.jpg


ゆうゆうと泳いでいます
e0062639_11274699.jpg


e0062639_1127558.jpg


フエヤッコダイ
e0062639_11281366.jpg


オニハタタテダイ
e0062639_1128378.jpg


チョウチョウウオ
e0062639_1128543.jpg


かくれクマノミ
e0062639_1129850.jpg


トドではありません、私です!
e0062639_11292374.jpg


イロブダイのあかちゃん
e0062639_1130067.jpg


海うちわ
e0062639_11301692.jpg


チンアナゴ
e0062639_1130291.jpg


ヨスジフエダイ
e0062639_11304645.jpg


ハマフエフキ
e0062639_1131518.jpg


ハマフエフキダイこっち向いてちょうだい!
e0062639_11414456.jpg


振り返る姿が可愛いね
e0062639_1132174.jpg


いつも仲の良い トゲチョウチョウウオ 
e0062639_11313973.jpg


チョウハン
e0062639_11325439.jpg


ネッタイミノカサゴ (わかりますか?)
e0062639_11335444.jpg


ソリハシコモンエビ (わかりますか?)
e0062639_1134127.jpg


ウミテング
e0062639_11342484.jpg


オドリカクレエビ (わかりますか?)
e0062639_11343862.jpg


e0062639_1135694.jpg


天気よくきれいな海中でした。
e0062639_11351848.jpg


やはり、インストラクターと一緒に潜るといろいろ勉強になります。
次回は、DREA夢でのんびり潜ってさらに勉強します・・・?



e0062639_12171740.gif


             海中動画はこちらから

e0062639_1325386.jpg

e0062639_135325.gif

e0062639_134106.gif


      慶良間諸島ボートダイビング











# by fudeoka | 2016-11-08 08:21 | Trackback | Comments(0)