人気ブログランキング | 話題のタグを見る

DREA夢

百八煩悩消滅の旅

暑い暑いと言いながら四国八十八寺の歩き遍路を結願してから1年半
今度は、寒い寒いと言いながら四国別格霊場二十寺を打ってきました。
  
2月6日1番札所の大山寺をスタート。
気温が18度の日もあれば5度以下の日もあり気温差が非常に激しい、
また連日の冷たい雨にも悩まされました。

057.gif002.gif 057.gif002.gif

大洲からの7番札所では吹雪の中、出石寺を打つ。
登り4時間の山道、ただひたすら寒かった。

百八煩悩消滅の旅_e0062639_1128015.jpg


八十八箇所の歩き遍路ととの違いは、お寺の数では少ないですが、
各お寺は四国全体に位置しております。
また、通常の遍路コースとは違い、ほとんど人と会うことがなく、道しるべも少なく
コースの取り方、宿の場所、等々、僕の一番苦手とする頭を使う修行となりました。

なぜ、別格二十寺を打つのか
四国八十八箇所の霊場の他に別格二十寺霊場があります。
人間の煩悩が108あると言われ、百八寺を打つことにより
煩悩が払われると言われています。

メモ;煩悩とは・・「各自で考えて見ましょう」

民宿やお寺、行く先々で、別格二十箇寺だけを歩く人はほとんどいないですよと言われ
また、高い山の上のお寺が多く、何度も何度もやめようかと思いながらの遍路でした。
033.gif002.gif 033.gif002.gif

しかし、今また今度はいつ行こうかなと計画しております。
それほど、四国歩き遍路とは不思議なところです。
010.gif016.gif010.gif016.gif


弘法大師がお生まれになったと言われている善通寺付近は、昔、筆岡村と言われており
その面影が、小学校や幼稚園等に残っています。
百八煩悩消滅の旅_e0062639_11293611.jpg


3月3日に二十番札所大瀧寺を打つ。
別格二十ケ寺の中で一番高く946メートルあります。
朝5時、真っ暗な底冷えがする山道を歩きやっとたどり着いた最後のお寺
このやり遂げた感動が味わいたいから歩いているのかも知れない。

053.gif053.gif053.gif053.gif

百八煩悩消滅の旅_e0062639_11295211.jpg


前回の八十八箇寺の時は、歩き遍路が出来るのは、お金、時間、気力、体力
すべてが満たされてはじめて出来るもので、それから得た自信は大きかった。
066.gif049.gif066.gif049.gif

今回の、別格二十箇寺、お寺の数も少なく、また歩いた日数も少ないですが
今回は、お金、時間、気力、体力、さらに精神力も必要であることを感じました。
百八煩悩消滅の旅_e0062639_11301094.jpg


たかが紙切れ、されど紙切れ

053.gif056.gif053.gif056.gif


百八煩悩消滅の旅_e0062639_2042794.gif

百八煩悩消滅の旅_e0062639_11302125.jpg


3月4日、高野山奥の院にご報告し、無事帰ることが出来ました。

一緒に般若心経を唱えてみませんか?

ここをクリックしてください
百八煩悩消滅の旅_e0062639_13163047.gif




ご参考までに
     通しで四国歩き遍路を計画される場合は、最初から別格二十箇寺を含め
     百八箇寺を歩くことをお勧めいたします。
     必ず、また行きたくなります。

by fudeoka | 2010-03-06 11:20 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudeoka.exblog.jp/tb/12261555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フデオカお勧め沖縄観光 新たな家族が増えました。 >>