DREA夢


DREA夢
by fudeoka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


北方稜線

念願の北方稜線に行ってきました。
前日の雨がうそのように晴れてすがすがしい天気。
東京グループと室堂で待ち合わせる。
いつもは5月のため、雪にうもれたミクリガ池しか見ていない。
遠くに、雄山、大汝山、富士ノ折立、が遠望できる。
この山全体が僕のスキー場だ。(オーバーすぎる??)
詳細は僕のホームページに載せております。
もしよければごらんあそばせ・・・
北方稜線ホームページ

ミクリガ池から望む立山連峰
e0062639_8102551.jpg

今回は本田技研の北野さんをリーダーに、廣岡さん、安達さん、鈴木さん、
と僕の5名のパーティー。
御前小屋からくっきりと剣が見える。
寒くも無く、暑くも無く丁度いい。

御前小屋から明日登る剣を望む
e0062639_8232210.jpg

剣沢小屋からの剣岳。
着くなり即宴会。
酔っ払ってしまった・・・いつもの事ですが。

確か剣は2998メートルだったが、1メートル伸びたかな??
e0062639_8104019.jpg

翌日は2時起床、3時出発。
前剣から見る針の木から昇る朝日。
夜中まで晴れていた天気もだんだんガスってきて天候が心配。

今にも雨が降りそうな天気になってきた。
e0062639_8124631.jpg

本峰までの難所、蟹の横ばいも単なる通過点、もくもくと登る。

蟹の横ばい??、何かルートが変わっているな・・
e0062639_8125449.jpg

午前6時、本峰に到着、すでにまわりはガスで何も見えない。
これからの行程が心配、一時はあきらめたが・・・・

何も見えない剣の頂上、八峰が見たい!!
e0062639_813230.jpg

しかし、日頃の行いがいいのか、悪いのか?念力が通じたのか
うっすらと日がさしてきた。ヤッター!!!

昔を思い出しながら、岩峰を歩く。
やはり体重が重いのか、歳なのか体がふらつく。
行きたい気持ちが半分、やめて帰りたい気持ちが半分??
e0062639_8131037.jpg


長次郎のコルを越えるともう戻ることは出来ない、行くのみ
e0062639_8131857.jpg


登ったり、降りたい岩の連続
e0062639_2232797.jpg


ここまでは、何とか無事に!! ピース!!
e0062639_22193830.jpg

e0062639_2219583.jpg


今回の難所、池ノ谷のガリー、落石が多い、慎重に下る。
e0062639_8132638.jpg


まさに40年前は八峰の岩登りを終え、この稜線を飛び跳ねながら?歩いていたを思い出す。
今は恐ろしくて下を見ることも出来ない。若いっていいな・
・・・

e0062639_22322369.jpg


ここが池ノ谷の鞍部、テント場にもなっている。
e0062639_22305417.jpg


これからは、この小窓王南斜のバンドを登る
e0062639_22312330.jpg


e0062639_22212764.jpg


小窓王のバンドを登る、向こうは池ノ谷ガリーを望む
e0062639_8134378.jpg


これから先は、雪渓あり、藪こぎあり、岩稜あり、とにかく体力勝負
池ノ平山を望む
e0062639_22325380.jpg

最後の最後、池ノ平山の登りには参った。
岩登りではなく、はい松つかみ登り。
ピッケルがはい松にひっかかる。
まさに道無き道?直登の連続
e0062639_22331628.jpg

しかし、小窓の雪渓を降りるのでは無く、北方稜線の最後は池ノ平ということで
頑張った。
e0062639_22333696.jpg


池ノ平山からまじかに見える、八峰、チンネ圧巻だ!
e0062639_8135293.jpg


チンネにかかる十五夜、すこしぼけているがすばらしい写真・・
e0062639_814036.jpg


翌日は午前4時出発。
仙人峠から見たチンネ、赤く染まった。
e0062639_814830.jpg


e0062639_8141714.jpg

三ノ窓、と剣沢の出会い、二股から見たチンネ
何度見てもすばらし。二股の橋をわたるともうこの景色は見られない。名残惜しい。
東京グループとは梯子段乗り越しで別れ、安達さんと剣沢を登って行く。
[PR]

by fudeoka | 2006-09-08 03:00 | Trackback | Comments(1)