DREA夢


DREA夢
by fudeoka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


そろそろ帰ります。

大いに飲み、大いに語った仲間達、ありがとうございました。053.gif053.gif
わずか一週間の滞在でしたが、感謝・感動・感激の毎日でした。
出航するなり、また次いつ来ようかなと考えております。
その時もいやがらずに、大いに飲みましょう。よろしく!!010.gif010.gif010.gif
e0062639_19263921.jpg

5月19日午前4時30分出航しました。
朝日がまぶしい・・・023.gif
e0062639_14321635.jpg


       6月5日現在 

        DREA夢は無事新西宮YHに舫いました。
e0062639_2185393.jpg

19日出航し、洲崎沖までは快調な走り、その後真向かい波高し。
3ノット、時折1ノットムチ打ちになりそうな波にたたかれ10時間後やっと波浮港へ。
岸壁はすでに満杯だったが、なんとか割り込む。031.gif
e0062639_1925224.jpg

波浮港停泊3日目、相変わらず南西の風強く、岸壁に押し付けられている。008.gif002.gif
じっとしておれない私のこと、レンタルバイクを借り、大島一周、さらに
三原山登山、火口付近ガスで何も見えず・ブチブチ033.gif022.gif
e0062639_19275845.jpg

元町港には二つの温泉があります。
昨日は御神火温泉、今日は浜の湯。
浜の湯は混浴です、ただし水着着用(がっくり!)021.gif025.gif
e0062639_19302861.jpg

停泊4日目、相変わらず南西の風がきつい、湾内でも白波がそのままヨットにあたる。
たわらフェンダーはすでにフェンダーではない!
このフェンダーなんかヘンダーー023.gif
思えば昔、パールレースの帰り、2度も台風避難で波浮港に入ったが、今回も同じような
状況・・何も悪いことをしていなにのにな・・・相性が悪いのか?008.gif002.gif
明日も前線南下で雨模様、また台風2号が発生したとの事!胃が痛い!
胃が痛いときには大いに食べよう?漁協でサザエとトコブシを大量に買ってきた。011.gif068.gif
e0062639_17534616.gif

波浮港に入って6日目。
あんこ椿姫・伊豆の踊り子に出会うこともなく、日々カニ・野良猫とたわむれ
6日間が過ぎました。
e0062639_12204554.gif

e0062639_121541.gif

明日は何が何でも出航するぞ・・・・

25日、やっと出航しました。堤防の外はうねりがすごい。
新島の温泉、三宅島の温泉はまた次の機会に、島は無くならない!!
パーフェクトストームの映画のようだ。とにかくエンジン全開沖出し!033.gif
島裏に入れば追い風で快調、10時30分には下田港に入港
ご褒美?010.gifにまたまた小田急に乗り蓮台寺駅へ。
誰もいない、1000人風呂にただ一人、貸切の源泉でゆっくり、のんびり泳ぐ!
e0062639_17393637.jpg

この温泉、女性のお風呂からは鍵が開いて男性のお風呂に入れる、なんと不公平な!!
だけど実際入ってきたら困っちゃうな・・(山本リンダ風に?)010.gif
僕恥ずかしいもん。012.gif
e0062639_1893129.gif

専任の獣医曰く「長旅で、若干精神異常の兆候が見られます。」042.gif

今回、下田港に入った唯一の目的はこれ!
e0062639_17384611.jpg

50個買っても850円
当分・朝・昼・晩はコロッケだ!!、食うぞ!!!!066.gif
下田でノンビリしたい、しかし、台風も来るし、梅雨前線も来るし、どこに行っても
のんびり出来ないな・・・・・042.gif

下田港で当分のんびりします。
e0062639_71052.gif

家に電話すると「もう下田?もっとゆっくりしなさい!」と優しい?お言葉。007.gif008.gif
早速、お吉さんを探しに下田界隈を徘徊します。053.gif
ところで、コロッケ食べても食べても減らない、025.gif誰かいりませんか???

下田港3日目、小雨の中、七ヶ寺と一つの神社をお参りしました。
ここで少し学のあるところを。
唐人お吉記念館のある、宝福寺。
ここは坂本竜馬が脱藩の罪を解かれた重要な場所だったのです。(知っていました?)023.gif
土佐藩主・山内容堂と勝海舟が謁見、海舟が竜馬の脱藩の罪を解いてほしいと懇願した。
容堂は海舟が酒を飲めないのを分かっていながら、「大杯の酒を飲み干してみよ」と言い、
海舟はためらうことなく飲み干した。
それを見て容堂は白扇を取り出し、「瓢箪」を描き「歳酔三百六十回鯨海酔侯」としるし、
海舟に手渡した。
その後、まもなく竜馬は脱藩を許され、維新回天の活躍が始まった。
「歳酔三百六十回鯨海酔侯」・この意味は、一年三百六十日酔っている、
鯨が泳いでいる海の国の酔っ払い大名の意味。
僕は、食欲以外文学歴史にはいたって関心はありませんが、006.gif
酔っ払った席で折れ曲がった扇子に「歳酔三百六十回鯨海酔侯」と書き、
歴史を動かした山内容堂大名に動かされた。015.gif
もちろん売店でこの扇子を買った、800円。
コロッケ47個の方が良かったかな??003.gif018.gif005.gif
e0062639_1933332.jpg


28日、のんびりコロッケを食べている場合で無くなった。008.gif
この場所は安全と思っていたが、周りにいたヨットは
それぞれホームポート(同じ下田の振り回し)に移動。
残ったのはイギリス艇とDREA夢だけ、なんだか寂しくなってきた。
5月に直撃の台風、2週間も早い入梅、考えてもいなかった。007.gif
e0062639_18103497.jpg

マーなんとかなるだろう・・・・?(この考え・僕の長所・・・・・?)049.gif
e0062639_824191.jpg

すべてのフェンダー、舫ロープを出し準備完了。006.gif
下田ボートサービスさんお世話になりました。
e0062639_403589.gif


ガイド登録出来るほど下田の街は詳しくなりました。
しかし「行かないで・・」と泣いて止めてくれる淑女もいないので007.gif
31日午前4時15分、一人寂しく下田の港を後にしました。
神子元島、石廊崎、やはりさすがですネ! ここは荒れていなれば・・・
ラットを持つ手が汗で濡れています。
しかし、追い波、追い風、連れ潮・・ラッキー・・10ノットを超えています。
石廊崎を越えると波静か、富士山が綺麗に望めます。
久しぶりにドナルドも気持ちよさそうだ・・・011.gif
e0062639_19414850.gif

e0062639_17542512.jpg

御前崎沖では大雨の影響か、ゴミ、流木が多い。
エンジン停止スラロームで進む、屋久杉の丸太なら持って帰るのだが、電信柱はいらない。
福田港に入港、決ったように、漁協、警察が訪問、だけれど親切な対応、また福田のGS
わずかでも配達してくれる。トイレも水もあり僕は良い港だと思います。
e0062639_21343359.gif

6月1日・今日出航しなければしばらく天気が悪い。
強風の中、4時出航、追い風、追い波、平均8ノットで順調。
天竜川沖2マイルで大雨の影響かあたり一面ゴミの山が延々と続いている、まさにゴミ畑。
伊良湖水道沖から、うねりの横波、何度も大きくヒールする。002.gif
キャビンの中はぐちゃぐちゃだ。025.gif
雨は激しく、メガネは曇るし、前から後ろから本船が来てレーダーはピーピー鳴るし、
ホンダワラはあちらこちら浮かんでいるし・・・・
DREA夢は安定しているが、人間がいつまでもつやら・・・
朝も昼も食ってない!!007.gif
それでも70マイルなんとか走りぬきました。066.gif
「いい歳をしてなんでいつまでもこんなことを・・・」といつも考えているのですが・・・!
友人曰く、「いまさら考えても無理だキャ・・・・・・」
e0062639_21292268.gif

大雨と霧のVOC志摩マリーナ、予定よりも2時間以上早く到着。
そこでなんと昨年鹿児島県山川港で出会った海童と再会、お互い何でこんな所で?・・と
また飲む機会が増える。068.gif
翌日も大雨の予報、もちろん休息。潜りたくなかったが、気になるので潜ってみた。
e0062639_19403310.gif

やはりペラにホンダワラがびっちりと、おまけにラダーまで。
追い風だから来れたが、もし上りなら進まなかったのでは・・・
寒かった・・・・・002.gif042.gif

3日、那智勝浦まで
風なし、波なし、べた凪、こんな時もあるのだな・・
勝浦入港、早速、有名?なホテル○島、忘帰洞へ。
この温泉は、カメラ禁止006.gif
残念ながら私の華麗な肉体美をお見せすることが出来ません!悪しからず!!015.gif
e0062639_1934151.gif

山上館遥峰の湯から見る勝浦港・右端にDREA夢を舫いました。049.gif
e0062639_1936526.jpg

4日 いつものように4時30分出航。勝浦から望むご来光。今日もいい天気だ。
e0062639_20463581.jpg

ホームゲレンデに入ると、心が弾む。
最後のチェックポイント・荒れてあたりまえの潮岬。
事前に下記情報を得てあえて串本港経由ではなくそのまま突っ込む。
e0062639_17591343.jpg

e0062639_17593675.jpg

反転流をねらって、岸寄りに、しかし大島灯台をこえて、6ノットから3ノットへ
本船も争って同じコースをねらってくる。僕も譲らない!!031.gif031.gif
しかし、いつもの腸ねんてんのチョッピーな波は無い。
チョッピーな波とは”前から後ろから右から左からわけも分からず波が来ること”
意外と無難に潮岬灯台をクリアー、ちょっと物足らない・・・(内心ホットする!)001.gif
黒潮、はっきり色が変わります、字の如し濃紺インクの色、神秘的な色に変わります。
トカラ列島の海が懐かしい!016.gif
後、田辺湾までは真夏のセーリング、ハワイアンを聞きながら半パンで日光浴!058.gif
e0062639_18124079.gif

寒い寒いと言って出航した往路、わずか一ヶ月で白浜は真夏の風景。
e0062639_20465985.jpg

紀伊水道に入り最初に出で迎えてくれたのがイルカちゃん。053.gif
横一列の大きな群れだ。
紀伊水道でイルカを見たのは初めて、相当な歓迎か??016.gif010.gif011.gif
e0062639_20471450.jpg

e0062639_20521273.gif

長い間DREA夢から離れない、楽しそうに何度もはねる。足で背びれをなでてやる?010.gif
心が癒される、今までの疲れが吹っ飛んだ!!017.gif
e0062639_20472661.jpg

6月5日、出航して38日目。午後3時30分、ホームポート新西宮YHに舫いました。049.gif
今回も多くの出会い、感動、そして勉強をさせていただきました。
お世話になった皆さま本当にありがとうございました、感謝いたします。053.gif
e0062639_9111990.gif


ヨットの上で、相田みつおの詩を思い出し実感しておりました。
少し紹介させていただきます。
・そのうちそのうち べんかいしながら日がくれる
・いまここじぶん その合計がじぶんの一生
・一生感動 一生青春
・うつくしいものを美しいと思えるあなたのこころがうつくしい
・あなたがそこにただいるだけで その場の空気があかるくなる
 あなたがそこにただいるだけで みんなのこころがやすらぐ
 そんなあなたに わたしもなりたい
[PR]

by FUDEOKA | 2011-05-19 04:00 | Trackback | Comments(1)