DREA夢


DREA夢
by fudeoka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


トドの旅行記本州変(編)

温泉のおかげでしょうか、トドは少しスリムに可愛く?なりました。006.gif
e0062639_21161630.gif

7月9日 本州に渡ったトドはここにいますよ。
7月18日未明 西宮に戻りました。
7月24日から付録があります。
e0062639_1350236.jpg


青森に着くなり28度・・暑い暑い、すぐにでも北海道に戻りたい!!
とにかく涼しいところを求めて、八甲田山へ登る。
八甲田山大岳1584㍍(100名山)
今回もガスって何も見えず。
とにかく風がきつい、稜線では体重86㌔のトドも飛ばされそうだ。
八甲田山雪中死の行軍がわかるような気がする。
e0062639_20475774.jpg

10日はのんびり奥入瀬の渓流を歩いて散策。(芸術写真)
e0062639_20523172.jpg

後は、ヨット・ジェニファーさんお勧めの美人女将のいるランプの宿、青荷温泉へ。
早速、美人女将から5ケ所のお風呂の説明を受ける。
写真のお風呂、何でか?子宝の湯があった、長時間入っていたが・・・・
e0062639_2058934.jpg

女将から「こごのゆっこは いずばん あずまし ゆっこだ まんだ こいへ へば」
と言われ、”行かないで” と言われているのかと思ったが
翻訳すると「ここの お風呂は 気持ちのいいお風呂、またお越しください さようなら」
だった。残念!!007.gif
またまた一人わびしく、岩木山スカイラインへ向かう。
10日午後7時32分。
日本海への日の入り、駐車場にステップワゴンただ一台。
雲海の日の入りを見ながら、焼肉でチメテービール、最高だ!!068.gif049.gif
e0062639_2125984.jpg

今日は晴天中、岩木山頂を目指す。岩木山1624㍍(100名山)
遠くには北海道の山、男鹿半島、八甲田山、津軽平野を望む。
e0062639_2184992.jpg

次に世界自然遺産白神山地を目指す。
暗門の滝散策と思ったが、滝も飽きたので
世界遺産の白神山地を見ながら温泉を楽しむコースに即変更。016.gif
世界遺産を望む暗門の露天風呂写真をバチリ!(もう見たくない??)納得!023.gif
e0062639_219944.jpg

後、深浦まで53キロの山岳ダートコース白神ライン、
燃料が気になって景色どころでなかった!042.gif

山から今度は海岸線、なまはげで有名な男鹿半島を走る。
海岸線がものすごく綺麗だ、この沖をDREA夢で走るのかと思うとぞくぞくしてくる。
e0062639_18263322.jpg

{連絡事項} 東京カヌークラブOB会続編
        秋田の仲間も元気ですよ・・・・049.gif010.gif
        佐藤さんのお店「遊び庵」にて
e0062639_18265248.jpg

田沢湖、水深423.4㍍日本一の深さを誇る神秘な湖でカヌーに乗る。
なんとも言えない透明な青さ、久しぶりにパドルをにぎる、最高の気分!053.gif056.gif
秋田県ホープ若手選手と。
田沢湖はまた別の思い出あります。010.gif
1971年第26回秋田冬季国体にスキーの監督兼選手で参加した場所でもあります。
e0062639_18271144.jpg

e0062639_18584594.gif

秋田県にはまた温泉力日本一の玉川温泉があります。
強酸性PH1.2、温泉湧出量、天然岩盤浴、
温泉に入ると身体のあちらこちらがぴりぴりと痛い、033.gif
聞くところによると悪い箇所がぴりぴりするらしい。
おかげさまで、頭と顔はぴりぴりしませんでした!(ご参考までに!)
e0062639_18273338.jpg

14日は八幡平1614㍍(100名山)へ
街中では熱中症とのことですが、
大変申し訳ございません、ここは寒い、寒い!寒中症?016.gif
e0062639_1828157.jpg

寒い後は温泉、乳頭温泉に浸かりました。
15日、本来の目的?鳴子に来ました。鳴子と言っても温泉ではありません。
鳴子のスキー場は学生時代インカレで思い出の多いスキー場です。010.gif
2回生の時は3部落ちで全員丸坊主にした場所です、丸坊主にしたガード下の
散髪屋を探したのですがすでに無かった。007.gif
4回生の時は大回転で3位に入賞した所です。
   影の声;(インカレで入賞することはすごいことなのですよ)066.gif
しかし残念ながらこの花渕山のスキー場はすでにつぶれたとのことでした。
滑降コース、魔の13関門もう一度滑りたかった・・・002.gif008.gif007.gif
e0062639_2075978.jpg

鳴子渓谷から見る花渕山スキー場のコース
右側のコースが大回転バーン、左が滑降コースだと思う、懐かしい・、懐かしい・・
e0062639_2082625.jpg

スキーの腕前ですか?  40年前はこのようなことをしておりました。
e0062639_22164983.jpg

せっかく来たのだから、鳴子温泉で滝の湯、隣の中山平温泉ではしんとろの湯で
43年前の思い出にふける・・・(いよっ! カッチョイイ!!)016.gif016.gif
中山平温泉、源泉93度、PH9.4、お肌すべすべ066.gif
e0062639_21115035.gif

鳴子温泉にはこんな番付表がありました。
e0062639_20222255.jpg

鳴子温泉から蔵王に向かう途中、山寺立石寺にお参りをしました。
立石寺は松尾芭蕉が奥の細道で「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と読んだお寺です。
知っていましたか??004.gif

15日は蔵王山熊野岳1840㍍(100名山)に登る。
適度な寒さ、熱中症の意味がわからない。023.gif
e0062639_20291242.jpg

お釜から入道雲が。誰かに似ていませんか?
e0062639_20293351.jpg

山登りの後はまた温泉、蔵王温泉大露天風呂。
PH1.9、なかなか良い露天風呂、残念ながら撮影禁止!
後、今度は日本海に向け走る。
新潟港は、なんと33度、蔵王の17度から5時間でこれだけの温度差、もう思考力なし!!033.gif

新潟からは北陸自動車道を走る、氷見では写真で有名な唐島越に見る立山連邦が
見たいので、深夜に移動。
氷見の海岸から日の出は見えましたが、立山連峰はガスって見えず、残念!、
また来るヨ!!029.gif
能登半島の景勝地?見附島(軍艦島)また、”えんむすびーち” でもあります。
年齢制限はあるのかな・・・?015.gif
e0062639_21344252.jpg

能登半島は広い、気温35度の中、能登半島の先端狼煙漁港に立ち寄る。
ヨットでは、ここから佐渡島佐渡小木漁港に渡る予定。すばらしい青く澄んだ海だ。016.gif
輪島沖でセーリング中のヨットが見えた、いつまでたっても動いていない感じ。
陸から見ていると、’ヨットっていったい何をしているのだろう’
と思われているのだろうと思う。003.gif

鎖をとかれてちょうど30日、飼い主から帰って来い!とも言われませんが、
そろそろまともな餌も食べたいし、布団もかび臭くノミの数も増えたし、台風6号も来るので
おとなしく、くさりに繋がれます。007.gif
しばらく(約一週間)は、家事手伝い見習いと犬の散歩に専念し、今度は山にこもります。
e0062639_23451117.gif

一週間まじめな勤務の評価を受け、24日勤務終了後無期限開放の予定で剣岳に向かう。
のんびり剣岳を見ながら毎日酒びたりの計画、荷物がづっしりと重たい。
e0062639_1749766.gif

e0062639_13534435.jpg

長次郎から剣岳本峰、仙人池からのチンネ等々計画していたが、晴れたのは、この写真の
瞬間だけ、新潟、福島の大洪水の影響か、山では強風と大雨。
テントの中が川のようになり、寝袋も着替えもずぶぬれ、凍え死にしそうな日々でした。
e0062639_1354111.jpg

    長次郎から本峰に向かうが途中で断念
そんな中でも、めったに見ることが出来ない特別天然記念物の雷鳥夫婦が
テントのそばに来ていつまでも離れない。しばらく癒しの時間でもありました。
e0062639_13541894.jpg

       左側が雄   右側が雌
せっかく無期限の開放時間をもらいましたが、この環境では耐え切れず仕方なしに下山。
雨の中での撤去、全身ずぶぬれ、荷物は雨にぬれ重さは入山より重く30キロ以上あった。
30キロ以上を担ぐのは20歳代以降はじめて、
改めてまだまだいける?自信がつきました。066.gif
e0062639_085225.gif

      雷鳥についてマメ知識 (HPより)
丸い身体、ゆったりとした動き、小さいヒナの姿、立山で出会うライチョウは、ほんとうに愛らしい烏です。その愛らしい鳥は、また、日本で最も苛酷な環境で生きる鳥でもあるのです。
○生息状況
 日本に推定数で3000羽程しか生息しておらず、その生息域も中部山岳の高山地帯という限られた地域です。
○県鳥の指定
 日本アルプスの代表的な高山鳥であり、昭和30年に特別天然記念物に指定されています。
 富山県では、県民が仰ぎ親しんできた霊峰立山に多く生息し「神の使い」として大切にされてきたことから、昭和36年に県鳥に指定しました。
○ライチョウという名
 雷雨がやってくるような雲の多い日や霧の多い朝夕にはワシやタカに襲われる危険が少ないので、こんな時にハイマツの下から出て活動することが多いことや、「ライチョウが出ると雷が鳴ることがある。」などの言い伝えから来ているようです。

     この場をお借りしまして、ブログを見ていただきました数人の皆さまに
e0062639_002246.gif


           画面上ですが、心ばかりの
e0062639_011789.gif


e0062639_23544490.gif

               この後、しばらくはヨットに専念します。
[PR]

by FUDEOKA | 2011-07-09 20:40 | Trackback | Comments(0)