DREA夢

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


御岳渓谷にて

事務連絡
東京カヌークラブOB秋田支部の皆さま
田沢湖では大変お世話になりました。

久々に御岳の水に浸かってきました。
練習に励んだ御岳カヌーコースは昔と少しも変わっていませんよ!

まずは富士山に敬意を払い。053.gif
e0062639_12561749.jpg

一路、青梅御岳へ。
岡部のおばさんも元気ですよ。(民宿おかべにて)
e0062639_10315971.jpg

e0062639_8302181.gif

紅葉には少し早いですが、いつまでも綺麗な御岳渓谷でした。
e0062639_10321592.jpg

艇庫にて
e0062639_10333010.jpg

みよちゃんのフォーム(ユーゴスラビア・スコピエ世界選手権出場選手)
e0062639_1034265.jpg

恥ずかしながら、現在の私のフォーム002.gif025.gif
e0062639_10335998.jpg

しかし、私も昔はこうでした・・・・!!010.gif016.gif
e0062639_1333173.jpg

e0062639_22231631.jpg
      
昔の仲間と。049.gif
e0062639_10345231.jpg

最近はポリ艇が多く、FRP艇は少ない。
カヌーを自作していた時代が懐かしいな・・・015.gif006.gif
[PR]

by fudeoka | 2011-10-30 10:21 | Trackback | Comments(0)

DREA夢が10歳になりました

2001年10月5日
ドイツから博多港に入港し通関前の貴重なホームページがありました。
あれから10年、DREA夢とあちらこちら夢の実現を行っております
e0062639_23511156.jpg

e0062639_2326151.jpg

e0062639_23364871.jpg

        クリックしてください。

e0062639_22112359.gif
                       DREA夢の誕生日

                   ホームページありがとうございます。
e0062639_22185623.gif

[PR]

by fudeoka | 2011-10-25 22:06 | Trackback | Comments(0)

メラ・ピーク登頂ならず

ヒマラヤトレッキングも3年目、そろそろピークを狙いたいと思っていた。
今年は早々とヨットを降り、トレーニング時間は十分あった。
目指すは、メラ・ピーク(6461㍍)、ヒマラヤのピークの中では簡単だと聞く。
しかし、6000㍍以上は別世界、高山病が心配だ。
頂上からは、エベレスト、ローツエ、チョーオユ、マカール、カンチエンジェンガーが
一望出来る。
希望と不安と恐怖はあるが、自己のへの挑戦とし、準備・トレーニングを開始する。
1・高山病への取り組み。
  ・低酸素トレーニングの受講、効果のほどは分からないが安心材料だ。
  ・20キロを担ぎ六甲山中を走り回り心拍機能を高める、自己流
  ・オキシメーターで血中酸素、脈拍を継続的に記録。
  ・脳浮腫・肺水腫・意識障害について
  ・肝機能を高める
   すべて素人判断だが、自己満足
e0062639_11373151.jpg

2・食料
  ・今回のルートは原則テント、自炊。
   ”山はメシが歩く”の言葉通り5000㍍でも食べれるメニュを作成。
   米、調味料、食材等、生野菜以外すべて日本から持参。
   事前に、メニュー、レシピーをダンマル(コック)に連絡、いつでも自分の
   好きなものを食べれるようにした。
3・減量
   これは最後まで達成出来なかった。010.gif

9月25日
      まずはインチョンへ、前日、カトマンズ空港で遊覧飛行機が墜落し、
      全員死亡との連絡が入る。ずーっと天候が悪いらしい。
      あまり気にせず、いつもの店で腹いっぱい焼肉を食べ気勢を上げる。068.gif
e0062639_1129252.jpg

           在りし日の写真とならないように。

  
26日 
      インチョン空港からカトマンズ空港へ時差3時間
      昼ごろ到着予定が、まさに着陸寸前で急上昇、数回旋回後カトマンズから
      離れていく。007.gif
      機内放送の英語も韓国語もわからず不安のまま着陸したのが、バングラディッシュ
      のダッカ空港らしい、空港の片隅で5時間機内待機。早々と行く先が心配だ。
      天候の回復を待ち6時間遅れでカトマンズへ。042.gif
      激しく揺れる中着陸、機内で歓声と拍手がおこる。
e0062639_18181417.gif

      ダンマルさんは6時間以上空港で待っていたそうだ。
      まずは、ポーター達の食料を調達
      米72キロ、ジャガイモ35キロ、卵90個、彼らの食事は半端では無い。
      それ以外にテント・ザイル・ピッケル等登行用具。
      用具点検等に深夜までかかる。
e0062639_1142666.jpg

          ジャガイモを購入するダンマルさん
  
27日 
     飛行機が飛ぶかが心配したが、晴れ間をぬって数時間後離陸これはラッキー
      約30分で世界一危険な空港ルクラ(2642㍍)に着陸。
e0062639_11385575.jpg

e0062639_11392181.jpg


     ここで野菜25キロ・ポーター二人雇用、ポーター合計6人。
e0062639_1140337.jpg

2時ぐらいから小雨の中を歩く、約3時間でチュタンガ(3518㍍)に到着
夕方から激しい雨、早速テントから雨漏れ、ダウンの寝袋は水に弱い。寒さがこたえる。
夜中、雪崩か土石流か轟音が谷間に響き渡る。逃げようにも真っ暗で何も見えない。
雨漏れと轟音とで寝不足、またダイアモックスの影響か夜中に4回もトイレ。

28日 
雨の中、高度を上げていく。本当に天気が悪い。
昼から高度順応で近くの山を予定していたが、大雨のため中止。057.gif
寒さのためか少し熱がある、早々座薬のお世話になる。
e0062639_1146567.jpg

29日 
高度順応無し、3日目で4615㍍のチュトラパスを越える。
雨から雪に変わる。帰りは雪の斜面になっていた。
きつい登りだが、低酸素訓練のおかげか、それなりに歩けた。
石楠花の木が山一面に生えている。
ネパールの国花は石楠花、5月ごろには赤い石楠花が山いっぱい咲くとの事。056.gif
e0062639_11501068.jpg


      チュトラ峠を登るポーター達
e0062639_11505178.jpg

e0062639_1152265.jpg


       チュトラパスからの眺め
e0062639_11573775.jpg

      峠下のチュリコルカ(4211㍍)でテント場

ここで、オランダ隊・スイス隊の話を聞く。
何しろ天候が悪く、メララ以上(5415㍍)は膝上までのラッセル、ルート不明確で
クレバスが分からない等々苦労話を聞く(通訳を通じて)
結局アタック出来ず下山しているとの事。
だいぶ疲れたようすでがっくりしていた。
 
30日
コーラ川に向け高度を下げて行く。急な下りだ。
コザの村(3700㍍)に着く、テント場も大きく広い。
久々に濡れた物を乾かす。058.gif

e0062639_11593182.jpg

e0062639_1213433.jpg

e0062639_1221252.jpg


 
           今回のメンバー 

ミン(サーダー)・ドッジ(クライミングシェルパー)・ダンマル(コック)
ポーター6人の計11人の隊。 
クライミングシェルパーのドッジはエベレスト(8844㍍)アタック3回
内登頂1回。ダウラギリ(8172㍍)登頂・チョーオユ(8201㍍)登頂、他
38歳体重65キロのベテランガイドです。
86キロの僕がクレバスに落ちたら止められますかとの質問に笑顔だけで返事は無かった。002.gif

10月1日
タンナック(4358㍍)に到着
雲の切れ間からタンナック・ピーク(6249㍍)が望める。
メラ・ピークは後200㍍高く、このピークの後ろ。
いったいどこから登るのだろうか?008.gif
e0062639_12103318.jpg

e0062639_1210573.jpg

      タンナック・ピーク(6249㍍)

e0062639_1212259.jpg


2日
タンナックで高度順応、クスムカングリ(6370㍍)のベースキャンプまで登る。
昨年日本人二人がタンナックに2ヶ月滞在しピークに登ったとの事。
e0062639_12205894.jpg


3日
タンナックからカーレB・C(5099㍍)
ここがメラ・ピークのベースキャンプとなる。053.gif
e0062639_1246573.jpg

e0062639_12482547.jpg
e0062639_12484710.jpg


     カーレB.Cからの景色
4日
高度順応でメララ(5415㍍)まで登る。

e0062639_12515054.jpg
e0062639_12521033.jpg

       後方にメラ・ピークが見える
笑顔の写真だが・・・
空気が薄く苦しい、10歩歩いて深呼吸、10歩歩いて深呼吸、本当に苦しい。
心臓がバクバク鳴っている。
ちょうど100㍍ダッシュしてゴールした時の息遣い、とにかく苦しい。
肺がピーピー鳴る、肺水腫か、?ふらふらする、脳浮腫か?心配が続く。
意識障害にならないように九九を口ずさみながら歩く
e0062639_12542034.jpg

     太陽が出ていると暑いぐらいだ
e0062639_12552112.jpg

    遠くにメラ・ピークを望む、左端がハイ・キャンプ地(5800㍍)だ。
苦しさの中に明日からの期待に胸が躍る。
午前2時ハイキャンプ出発、9時メラ・ピーク登頂、夕方5時カーレB.Cに
下山と考え、楽しくなる。016.gif011.gif
昼間太陽が出ていると暑いぐらいだ、これが夕方になると氷点下
e0062639_1325629.jpg


     あるだけの防寒具を着ても寒い・寒い

e0062639_1335156.jpg

      最終打ち合わせ

アンザイレンの順番、アタックポーターの選出等を決め早めに寝る。
明日のアタックキャンプでは寝られないだろう。
5000㍍では寝袋に入っても絶えず意識して深呼吸、深呼吸
うとうとして寝てしまうと息苦しくなり、指先がしびれ手が硬くなっている。
あわてて深呼吸、明日のために寝なければと思う反面、寝てしまえば死んでしまうのでは・
との恐怖もある。033.gif

何度かうとうとしていると、午前0時過ぎダンマルからポーターの様子が変だとの連絡
あわてて駆けつけると目はうつろ、ろれつが回らず、ふらふらで立てない。
ポーター達がさかんに寝るな、寝るなと声をかけ、顔をたたいている。
明日のアタックに選んだ一人だ、シェルパ族で高所に強く一番荷物を担げるポーターだった。
サーダーが高山病と判断、ポーター全員がかわるがわるおんぶして即下山の体制をとる。
とにかく非常に緊迫した時間だった。
私たちは何も出来ない状態だったが、とにかく命だけは助けろとサーダーに伝えた。
暗闇の中を駆け下りていくポーター達を見送った。

5日
午前10時ごろダンマル・クライミングシェルパー・ポーターの一部が戻ってきた。
全員でコザ(3700㍍)まで降ろし、しばらく休ませたら自力で立てるようになったので
サーダーとポーター二人で後は降ろし、残りは僕達の世話をするように戻ってきたとの事。
コザからカーレB.Cまで私達は二日かかったところを彼らは往復9時間で戻ってきた。
なんともものすごいパワーだ。
クライミングシェルパーと明日以降のアタックについて打ち合わせをする。
昨年もこのカーレB.Cでポーターが高山病で死亡する事故があった。
ポーター達の動揺も感じられる、疲労も激しい、また下山したポーターの生死の情報も
得られない環境、責任者のサーダーも戻れない状態、等々を考えアタックの中止を
決断する。007.gif008.gif054.gif

6日
ポーターたちを十分休ませ、夕方下山開始。
皮肉にも6日は快晴だった。
e0062639_1343362.jpg


    山の娘ロザリアの見送りに後ろ髪がひかれる012.gif012.gif
e0062639_1820970.gif


やはり下りの気持ちは重たい。
行くとき見えなかったクスムカングリ(6367㍍)が見える。

e0062639_135980.jpg


ダンマルの話だと、未だ村では病気は祈祷師に頼っているそうだ。
何しろ、村に帰るのにバスで20時間乗りそこから歩いて2日かかる所らしい。
そのため昔から医者などいなく村人全員が祈祷師に治してもらっているそうだ。
謝礼は約500ルピーだそうだ。

7日 
コザ(3700㍍)に到着
この村の衛星電話でサーダーと連絡がとれる。
ポーターはルクラの病院に入れ、命には別状無いことを聞く。全員一安心だ。
村の入口にヤクの肉がぶらさがっていた。
久しぶりに焼肉がしたいと思い分けてもらう。
e0062639_1364062.jpg

持参した韓国の焼肉のタレで匂いを周りに撒き散らし大いに食べる。
e0062639_1374379.jpg

ちなみにここでのビールは500ルピー、ポーターの日当が600ルピー
調子に乗り、2本、3本と飲んでしまった。
気の緩みか、バチがあたったのか、夜中から激しい下痢。
後から聞いたのだが、あのヤク肉は一ヶ月前からぶら下がっており、ネパール人は
それを食べるのは普通だとの事、それを聞いて余計にお腹が痛くなった。

また、食べ物がのどを通らず、飲まず食わずでチエトラパス越(4615㍍)が心配だ。
メララへの5400㍍より本当に苦しい登りになった。大いに反省!!008.gif007.gif
e0062639_1813044.gif

e0062639_1391626.jpg

        僕の荷物を担ぐポーター、40キロを担ぐ
e0062639_13214815.jpg

それでも何とか乗り切る。031.gif

8日
無事ルクラに到着
本来登頂しておればシエルパーダンス等パーティをやる予定だったが、控えて
ポーター達に報労を手渡した。043.gif045.gif001.gif
e0062639_13222136.jpg

10日
予備日を含め日数があまったので、カトマンズから車で1時間30分の
ナガレコット(2000㍍)へ3日間のんびり静養?に行く。
最高の眺めのホテルで最高の部屋を予約(ルームNO147)011.gif
e0062639_1323924.jpg

        右上が宿泊ホテル。

    宿泊ホテルここをクリック

アンナプルナ(8091㍍) ・ランタン(7225㍍) ・ガンチエンポ(6387㍍)
ガネーシュ・ヒマール(7406㍍) ・ドルチエ・ラクパ(6966㍍)
ガウリャンカール(7134㍍)が一望できる。
e0062639_13234415.jpg

      部屋のベランダからワインを飲みながら朝日・夕日を拝む。068.gif
e0062639_13244396.jpg

      ヒマラヤ・クラブからの眺め

ご参考までに
サランコット  マチャプチャレー(6993㍍)の眺めが最高 2009年
ナウリコット  ダウラギリ(8167㍍)の眺めが最高    2010年
ナガレコット  ランタン(7225㍍)の眺めが最高     2011年
アプリコット  甲東園駅の眺めが最高・・・・・・???003.gif041.gif
e0062639_1823867.gif

e0062639_11181732.jpg


少しは’学’のあるところを・・

展望台には、タルチョがはためいていた。
タルチョとは経文が印刷された祈祷旗のこと。風にはためくごとに、
仏法が世界中に広まるとの信仰がある。5つの色は物質の五大(五元素)を表すという
e0062639_11213041.jpg

     ダンマルと来年またチャレンジすることを約束し029.gif006.gif

15日
カトマンズからインチョンへ
体調も戻ったので、ソウル近郊の山、道峰山(ドボンサン)へハイキング。
ちょうど紅葉で綺麗な景色
e0062639_10521567.jpg

e0062639_10523825.jpg

    駅から近い岩山、ロッククライマーにはたまらないだろうな・・
e0062639_105302.jpg

     頂上ではもちろんマッコリと豚足
e0062639_1882495.gif

ソウルで20日ぶりに入浴、垢すりですべての垢を落とし、老いるマッサージをし、
焼肉を腹いっぱい食べて体重を元に戻し、そして

17日
無事西宮に戻りました。053.gif

感想

5000㍍以上の山に登るには
あらゆる環境の変化に耐えれる精神力と、あらゆる気象の変化に耐えれる肉体と、
そして運が必要だと感じた。

高山病は怖い

生きて日本に帰れてよかった! 016.gif016.gif
[PR]

by fudeoka | 2011-10-25 09:00 | Trackback | Comments(0)