DREA夢


DREA夢
by fudeoka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


春爛漫

3月30日
今年もこの季節がやってきました。
何歳になっても心がうかれます。
このブログを書きながらも窓からこの景色が見られます。
松ノ木・桜の木 小さい時から同じ場所に同じように生えている

しかし、数年前から後何回この景色が見られるだろうか・・と
少し寂しさを感じるようになってきました。

e0062639_14211982.gif

e0062639_21354527.jpg


e0062639_21360072.jpg

e0062639_21361731.jpg

e0062639_13533495.jpg

e0062639_14191874.gif
e0062639_21364968.jpg



 自宅の前を自転車で走ってみました。
動画をご覧ください

e0062639_13553522.gif
e0062639_13424946.gif

e0062639_13424946.gif






[PR]

by fudeoka | 2018-03-30 21:34 | Trackback | Comments(0)

小豆島お遍路

23日

小豆島八十八箇所お遍路の旅

e0062639_15131099.gif
まずはここをクリックして般若心経を唱えながら見てください。

e0062639_13424946.gif





3月23日~28日

平成19年に歩いて10年後
二回目の小豆島お遍路です。

豆島八十八ヶ所について

全工程、約150km。
香川県の小豆島にあるこの霊場は、弘法大師(空海)が
生国である讃岐現在の香川県から京都へ上京または帰郷する際に、
しばしば立ち寄り、島の各所で修業や祈念を行なったとされる霊験
あらたかな霊場である。88ヶ所に奥の院6ヶ所を含めた94ヶ所が
公認霊場となっており、寺院霊場30、山岳霊場10余、堂坊50余に分かれる。

距離は四国の10分の一と短いですが
山岳霊場のお寺が多く厳しい登りが多いです。

e0062639_23212023.jpg


23日 

22日の神戸発・夜行のジャンボフェリーで坂手港へ
e0062639_12421076.jpg

さっそく登り出す


③~隼山~①~②~⑦~⑧~⑪~⑨~⑩~④~⑤~⑥ ひろきや旅館

6番は二十四の瞳の岬の分教場


e0062639_22493981.jpg

e0062639_22495458.jpg


一日の行程
約26キロ  9時間  348m



24日 


 ⑫~⑬~⑭~⑳~⑱~⑲~㉑~⑰~⑯~⑮~㉒~㉓~㉔~㉗~㉖ 大師の宿


寒霞渓近くの清滝山14番
きつい登り

e0062639_12434563.jpg

歩いている人は誰もいない

e0062639_12445732.jpg


e0062639_12464520.jpg




e0062639_22511858.jpg

e0062639_22514006.jpg



今日の行程
23キロ 8時間46分 485m


25日 

㉙~㉘~㉚~㉛~㉞~㉜~㉝~㊱~㊲~㊳~㊴~㉟~㊷~㊶~㊵ 旭屋旅館

土庄港にある平和の群像


e0062639_12472027.jpg



e0062639_22521405.jpg



27キロ  8時間30分  333m


26日



71~70~69~67~68~66~53~65~65~57~
霊場会~61~60~59~58~6449~50~54~
52~51~55~56~62~63 旭屋泊



e0062639_22524765.jpg


29キロ 8時間30分  230m



27日


45~43~44~47~48~46~74~73~72~笠ケ滝~
75~76~77~78~79~80 かつや泊

毎日天候に恵まれてのどか


しかし、足が痛く辛い!つらい!
e0062639_12494606.jpg



いろんなところで御接待を頂く
ほとんどのお寺には、はっさくが置いてある
80番はうどんのお寺で有名でうどんの御接待がある。

しかし、一番嬉しかったのはここ!!
ふかし芋と雷おこし
空きっ腹に染み込んだ!!


e0062639_12501607.jpg



e0062639_12500080.jpg


ほとんど人はいない
また車も少ない
道を聞きたくても人はいない
何度も道を間違える



e0062639_12510135.jpg


e0062639_22533022.jpg



24キロ 9時間30分  314m



28日

81~82~83~84~85~86~87~88 坂手港

朝一番に恵門の滝を打つ
厳しい登りだ
この頃は、両ひざは痛いし、右足のアキレスも痛い
左足の小指は靴ズレで痛い!
下り坂は後ろ向きで歩きます。


e0062639_12513217.jpg




e0062639_12511914.jpg



e0062639_22535925.jpg



31キロ 7時間30分  424m



後半は足が痛く苦痛の連続だった。
つくずく、なんでこんな事をしなくてはならないのだと思いながら・・

気持ちはやる気はあるが、やはり思うように身体はついてこない
確かに10年前より、当たり前だけど体力は落ちている
実感した6日間だった

しかし、道がわからない時、また困った時、必ず誰かが現れて助けてくれる。
そんな時、弘法大師は近くにいるのだなと感じる。

わずか6日間だったが、人生を考える貴重な時間を持てた。
是非また四国を歩きたい!

きれいな夕日だった。
e0062639_12514594.jpg



e0062639_07063553.jpg



足が未だに痛い!痛い!
早速、整形外科通いです!!


e0062639_15382313.gif



e0062639_09543230.gif



 4月3日  

高野山奥の院へお礼参りをしてきました。
もちろん車で

高野山の総門である大門。今建っている大門は、
高さ25.8mの重層の桜門で高台に堂々と建っています。


e0062639_09503668.jpg

両端の金剛力士像は、阿形像が康意(こうい)作で、阿形像が運長(うんちょう)
高野山の中でも強いパワーを持つ場所です。


e0062639_09504533.jpg


e0062639_09505413.jpg



奥の院
ここから先は撮影禁止
厳粛な場所です。

e0062639_09510289.jpg













[PR]

by fudeoka | 2018-03-23 21:55 | Trackback | Comments(0)

想いで

3月15日

50年来のザイル仲間と思い出の百丈岩へ

六甲山の麓で生まれた私は、御幼少?の時からおやじに山に連れて行かれ育ちました。
また、日本RCCの創設者藤木久三さんが開いたとされるロッククライミングのメッカ
芦屋ロックガーデンが近くにあり、毎週のようにNと岩登りに行ってました。

自宅の男の隠れ家には百丈岩の絵を飾っています。
昭和40年 17歳の時に初登頂しました。

e0062639_10430342.jpg




久しぶりにNが来たので昔を想いだします。

百丈岩初登頂の時
17歳  若いね~

e0062639_10414400.jpg

e0062639_10413793.jpg



頂上直下を登っています。

e0062639_10415782.jpg



頂上に立つ私です。

e0062639_10420706.jpg

当時はクレモナロープに鉄のカラビナ、アブミは自作
工事現場のヘルメット

もちろん岩場のルート図は無く、全てが初登攀の時代です。
e0062639_11415431.jpg




想いでのルートをドロンで撮影します。


e0062639_11592809.jpg



e0062639_12075525.jpg


ちょうど中央ルートを登っているクライマーがいました。
ドロンを近づけると失礼なのでカメラで動画を撮影しました。

e0062639_10425520.jpg



頂上からのドロン撮影

e0062639_10424665.jpg



想いでのルートをドロンで撮影しています。


e0062639_11382965.gif












[PR]

by fudeoka | 2018-03-15 09:52 | Trackback | Comments(0)

近況報告



3月2日


今年の冬は雪がメッチャ多い。
古希と共に動くのが億劫になり近場のゲレンデで遊んでいましたが
平昌オリンピックも終わり、そろそろ

’そだねーー’

真面目にスキーでもしようと
急に思い立ち春一番の強風の中を一人、志賀まで飛ばしました。
志賀高原は3年ぶりです。

志賀高原は広い

e0062639_11185805.jpg



焼額の新雪です。
3月でもパウダーが楽しめます。

e0062639_11140038.jpg


減量の成果も無く
体重は88キロと変わらず
膝が痛い痛いと言いながらも、
ただひたすら滑りまくりました!!

e0062639_11203844.jpg


e0062639_11315023.jpg

e0062639_11320493.jpg


翌日は快晴、横手山山頂を目指します。
ここはなんといっても標高2300mで食す手作りパン

e0062639_11150861.jpg
ここのクルミパンは最高です!!


e0062639_12165343.jpg


e0062639_11155697.jpg


手前は笠岳、遠くに妙高、黒姫、飯綱・戸隠を望みます。

e0062639_11153668.jpg


こちら側は昨年噴火した草津白根山を望みます。
ここから草津温泉まで滑って降りられます。

e0062639_11375878.jpg


渋峠、樹氷の中を滑ります。
動画は後で!

e0062639_08510502.gif

e0062639_11392126.jpg

e0062639_11402693.jpg


知る人ぞ知る丸池Aコース
リフトの真横にあるコブコブの急斜面
目立ちたがり屋の僕は昔ビュンビュン?飛ばしたものでしたが
”今はただ見てるだけ~~”

e0062639_08522211.gif

e0062639_11453444.jpg

e0062639_11483048.jpg

e0062639_11485233.jpg

e0062639_11490727.jpg


昔から、スキーを履けば人が変わるとよく言われましたが
我ながらによく滑りました。
丸池・ジャイアント・西館・東館・高天原
一ノ瀬・寺子屋・焼額・奥志賀・横手・渋峠
二日間滑るだけ滑り、温泉に入り
7時間かけてまた自宅に戻りました。
元気なおっさんです!!

e0062639_11592167.gif



樹氷の動画はこちらへ

e0062639_21022398.gif












[PR]

by fudeoka | 2018-03-02 11:00 | Trackback | Comments(0)